離乳食は食べずに母乳ばかり!断乳するべき?

母乳育児をしている場合、離乳食を食べないことを相談すると、「授乳時間を空けましょう」「なるべく早く断乳を」などとアドバイスする専門家もいますよね。

本当にそうすれば問題解決できるのでしょうか?

 

 

まず、「離乳食」は時代遅れになりつつあり、やり方も科学的根拠に欠けることが多いので、ここでは「補完食」として考えます。

補完食の目的は、「月齢6カ月~23カ月の子どもに必要な栄養を補うこと」です。月齢6カ月からは「母乳やミルクだけでは栄養素やエネルギーが足りなくなり始める」ので、補完食を与え始めるのです。

 

 

1歳の子どもの、母乳と補完食の栄養バランス(図解)】の図を見てみると、補完食で補うべきギャップがイメージできます。

この図は、平均的な哺乳量の550 mlを元に計算されているので、それよりたくさん飲む子どもは当然、ギャップがそれだけ少なくなります。

また、月齢が低いほど、このギャップは小さくなるでしょう。

 

母乳を飲んで、それで満足していて成長も順調なら、エネルギー的にほとんど満たされているということでしょう。

小食はそんなに心配しなくても大丈夫です(^^)

 

補完食が始まっても、母乳は重要な栄養源

母乳育児に自信をなくしそうな時は、【母乳を2歳以上まであげるべき4つの理由】でモチベーションアップを。

特に0歳の間は、母乳を別のもので置き換えると(断乳または減乳して、ミルク・フォロミ・食事でまかなおうとすると)、赤ちゃんが摂取する栄養の質と量が減ってしまうリスクもあります。


母乳では補完することが難しい栄養素を優先して一口!を目指す

特に、鉄分は必要な量とのギャップが大きいので、いくら母乳をたくさん飲ませても次第に足りなくなっていきます。

それを埋めるためには、動物性食材(特に肉類)が必須です。

 

つまり、主食や野菜はほとんど食べなくても、動物性食材だけは不足しないように、優先して試してみるといいでしょう。

「鉄分といえば:ほうれん草や納豆」、のようなイメージがあるかもしれませんが、野菜や豆類で補うより、動物性食材で補う方が、ずっと少ない量で満たすことができます。(もちろん野菜や豆類でも、鉄分補給はできます)

 

「母乳や、手間をかけずに作った離乳食は栄養がない」というのは間違ったイメージなので、不安に思わなくて大丈夫!

フォロミやベビーフードよりも、母乳や大人の食事から取り分けた補完食の方が、栄養源としては優れているのです。

 

結論としては、母乳も重要な栄養源の一つであり、「離乳食を食べないなら断乳」というのは、科学的根拠のない迷信的アドバイスということです。

そこよりも、「どうやったら密度の濃い栄養豊富な食事を一口食べる気になるか」の観察に注力した方が、ずっと健康に成長できるでしょう。

こちらもどうぞ→なぜ「母乳の子は食が細い」と言われるのか

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2017/4/7更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る