楽な冷凍母乳の作り方と解凍方法

搾乳生活は簡単ではないので、できるだけお世話をする大人の労力を減らし、赤ちゃんが受ける恩恵を増やすために、母乳育児の科学的知識と経験談をもとに、情報をまとめました。

 

搾乳量について

搾乳は、1回に搾る目標の量は決めない方が気楽にできます。

搾乳は、直母の場合と同じで、一回でたくさん搾れなくても、回数をかせいでトータル量が足りればいいんです。

搾乳しても搾れないのは母乳不足?

すべてを搾乳でまかなう場合は、3時間おきなど時間を決める必要もなく、1日で8−12回以上を目安に、都合のいいときに、楽に搾れる分だけ搾乳することもできます。

 

こまめに搾乳するやり方の例

・冷蔵する場合

何回分かの搾乳を、密封できる容器で冷蔵しておいて、量が溜まったら母乳用保存バッグなどに移して冷凍保存

※最初に搾乳したタイミングから24時間以内に冷凍する

 

・室温放置する場合

密封できる容器に搾乳して室温放置し、追加した搾乳もまとめて、冷凍する(冷凍せずにそのまま赤ちゃんに飲ませることもできます)

※最初に搾乳して8時間以内に冷凍する

 

密封できる容器…フタ付きボトルや、ラップで密封したコップなど。搾乳に使う道具は、洗剤で洗い、よく乾かしたものを使います。消毒する必要はありません。

 

参照

WHOが定める搾乳の保存期間

コップで飲ませる方法


搾乳の仕方と保存方法について

搾乳器…手で搾乳するより短時間で楽に搾乳できるかもしれません。

手での搾乳…コップに搾乳すると、洗い物が楽です。

手で搾乳する方法

 

保存方法

母乳用保存バッグを使うと、冷凍庫で場所をとりません。熱が伝わりやすいので、素早く解凍できます。

フタ付きのボトルなどに入れたまま冷凍することもできます(満タンにして凍らせると、水分が膨張して破裂するので、すき間を残しておく)。

 

冷凍保存する必要がない場合は、冷蔵保存や常温保存にした方が、飲ませるのが楽です。

母乳の成分も、より壊れにくいと考えられます。


冷凍母乳の解凍方法について

搾乳は、人肌の温度になるように温度を調整する必要はなく、常温程度になれば飲ませることができます。

 

●急に少しだけ必要になった場合の例

ぬるま湯で湯煎すると、素早く準備できます。

このぬるま湯は、わざわざ温度を測って作るのは大変なので、熱湯と水道水を混ぜて、熱めのお風呂くらいにすればOKです。

(ヒトの体温を考えると40~50度くらいまでは耐えられると考えられる)

 

やけどをするということは、皮膚のタンパク質などが変性してしまうということです。

なので、湯煎のお湯が、触れないほどの熱さだと、母乳の成分も変質してしまう可能性が高いです。

 

冷凍母乳を解凍する場合は、レンジや熱湯で湯煎すると、加えるエネルギーが大きすぎて母乳の成分が変質しやすいと考えられるので、可能なら避けたいところです。

しかし、そうしたとしても、母乳の恩恵はいくつも残る(熱エネルギーによって効果が失われないものもたくさんある)と考えられるので、最終手段としてはアリだと思います。

 

●使うタイミングがあらかじめ分かっている場合の例

・水道水に、母乳パックなどを浸して放置する(常温になったらそのまま飲ませる)

※冷凍庫から出して8時間以内に飲ませます

 

・冷蔵庫に母乳パックを移して、ゆっくり解凍しておく(飲ませる直前に、常温程度になるまで軽く温める)

※冷蔵庫に移してから24時間以内に飲ませます

 

 

搾乳にはコツが必要!

搾乳の飲ませ方・搾乳量・搾乳の保存期間などの基礎知識から、搾乳量を増やすためのコツや搾乳生活を楽にする裏技まで、タグ搾乳から読むことができます。自分たちに最適な、負担の少ないやり方を見つけられるといいですね。

 

2017/1/31更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る