搾乳の基本知識と搾乳量アップの仕方

搾乳はどのくらいの期間、保存可能か知っていますか?

室温でも、ある程度保存できるのです。

搾乳量を増やすコツもあるようです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第4章 産科施設における、乳児の栄養法の管理と支援

4.5 授乳の仕方を教える

ヘルスワーカーや授乳のカウンセラーは、お母さんに次の基本的原理を説明しましょう。

 

  • 搾乳は、毎回両方の胸で行うこと。
  • 搾乳は、水と石鹸できれいに洗ったコップなどに搾ること。
  • 搾乳した日時を記録して保存すること。
  • 搾乳は室温で8時間、冷蔵庫で24-48時間、冷凍すれば3カ月間保存可能なこと(21)。

 

 

<オキシトシン反射の促進>

搾乳をする前には、搾乳量アップのために、オキシトシン反射を促進しましょう。

 

自分の赤ちゃんのことを考えたり、

もし近くにいれば赤ちゃんを見つめたり、

または赤ちゃんの写真を見たりしながら、

自分で軽く乳房をマッサージしたり乳首を刺激したりすることでできます。

 

背中の肩甲骨の間の脊椎の両側をマッサージしてもらうこともいいのです(図12)。

Figure12

 

搾乳前にオキシトシン反射を起こすための刺激の仕方は、手のひらで乳首をささっとなでるだけでもいいそうです。

乳首の組織が伸びると、神経細胞が反応してオキシトシン反射が起こるんだとか。

オキシトシン反射の仕組み

 

搾乳にはコツが必要!

搾乳の飲ませ方・搾乳量・搾乳の保存期間などの基礎知識から、搾乳量を増やすためのコツや搾乳生活を楽にする裏技まで、タグ搾乳から読むことができます

 

2017/1/31更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る