2時間おき授乳vs 4時間おき授乳

2時間おき授乳と4時間おき授乳は、どちらが母乳の生産量が多くなると思いますか?どちらも同じ?

試しにシミュレーションしてみます。

 

理論上、母乳の生産スピードは、「授乳後、乳房が空であるほど速く、満タンに近づくほど遅く」なります。

つまり、授乳直後からの時間と、母乳の生産量の関係で表すと、こんな形のグラフになります(※1)。

 g1

 

ここで、仮に「4時間で母乳が100 ml溜まる=ほぼ満タン」になる人を例にしてみます。

 

 g1-2

この例の場合、最初の一時間では50 mlの母乳がつくられますが、最後の一時間ではたった5 mlしか作られていません。最初はどんどん作られるけど、時間が経つと、作られる量が減ってくることがよく分かりますね。

 

では、2時間おき授乳と4時間おき授乳では、「1日トータルの生産量」はどうなるのでしょうか?

 

※WHOによると、1日に赤ちゃんに必要な母乳量は、約500~1200 ml(平均は約800 ml)。


●授乳が2時間おきの場合(=1日12回授乳)

 g4

2時間で80 ml溜まるので、1日トータルでは80 ml × 12回 = 960 ml

も生産することができます。

 


●授乳が4時間おきの場合(=1日6回授乳)

g5

4時間で100 ml溜まるので、1日トータルでは100 ml × 6回 = 600 ml

1日600 mlで十分な赤ちゃんももちろんいますが、それ以上必要なタイプの赤ちゃんは、母乳不足になってしまいます。

お母さんの生産能力は十分なのに!

 

「授乳回数 が多い=母乳不足」という常識は、迷信だったということがわかりますね。

 

つまり、授乳頻度は赤ちゃん任せにしていれば、たくさん必要な時はこまめに授乳するだけで、必要な量を確保できるのです。

 


<おまけ:超頻回授乳の場合>

●ちなみに、授乳が1時間おきの場合は

g3

1時間で50 ml溜まるので、1日トータルでは50 ml × 24回 = 1200 ml

こんなに多くの母乳を必要とする赤ちゃんは少数派です。

 

つまり、赤ちゃんが1日中・1時間おきにおっぱいを欲しがる場合は、

「上手におっぱいに吸着できずに、溜まっている母乳の、ほんの一部しか飲めていない可能性

を疑うサインになるのです(新生児と低出生体重児を除く)。

 

ときどき1時間おきになる場合は問題なし!

1日中ではなく、ある時間帯だけ、赤ちゃんが母乳を1時間おきに欲しがることもよくあります。例えば夕方とか。

 

そのとき「次の授乳まで数時間空けないとおっぱいが作られない」と思い込んでしまうのは、もったいないのです。

上の例だと、1時間でも50mlの母乳は作られています。

つまり、同じ4時間でも、4時間休ませた授乳の場合は100 mlしか飲めないのに、1時間おきに授乳した場合は、赤ちゃんが飲める量は50 ml×4回 = 200 mlにもなるということ。

 

もちろん50 mlまでしか溜まらないから、おっぱいはふにゃふにゃのままですが、どんどん飲ませちゃえばいいんです。

 

授乳頻度が高いときは、母乳が出ていないのではなく、

「通常よりも生産スピードが速い、フィーバー状態が続いている

と思っていいのです。

 

 

「母乳育児が軌道に乗る授乳方法」のやり方・疑問・悩み|まとめ

 

WHOガイドラインより

上手な吸着の見分け方(図解)

授乳の間隔がこういう場合は黄色信号です

 


<参照記事など>

※1  母乳の生産スピードは、溜まっている母乳量が増えるほど様々なネガティブフィードバックの影響をより強く受けるので、一次関数的でも指数関数的でもなく飽和曲線に近い形を取ることが予想されます。これは頻繁な授乳はなぜ生産効率が良くなるかをイメージしやすくするためのグラフです。各値は仮です。問題を単純にするために、授乳間隔も一度の哺乳量も生産スピードも一定にしてざっくりとシミュレーションしています。「授乳回数が多いのは母乳不足だからミルク足して」とアドバイスしちゃう人や、「母乳が出てないから頻回授乳になるんだ」「授乳が頻繁すぎて母乳はもう出ていない気がする」と自信を失いそうなお母さんに、「そうじゃないんだよ、頻回授乳は効率がいいんだから自信を持って!」ということを伝えたい記事です。

※差し乳というメカニズムは存在せず、人類は皆溜まり乳であることが前提になっています。

※一般的に、乳房が空に近づくほど母乳中の脂肪濃度は濃くなることが明らかなので、実際は、単純に「量」だけで十分かどうかは判断することはできません。つまり、頻繁に授乳した母乳の方が、カロリーも高くなり、赤ちゃんの体重もさらに増えやすくなる可能性が高まります。なんにせよ、一般的には赤ちゃん任せに授乳した方が順調に成長しやすいということです。

 

主な参照記事

なぜ定時授乳をすると母乳不足になるのか

母乳の分泌を止める物質が、母乳中に入っている!?

赤ちゃんによって母乳を飲む量が違うのは、生産能力の差じゃない

差し乳は医学的には存在しない

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る