赤ちゃんの体重が急激に増えた場合の対処法

「体重月齢曲線」だけを見て、過体重や肥満かどうかを判断することはできません。

本当に問題になるのはどういう場合か、原因は何なのか、過体重の判断方法についてのガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

5章 乳幼児の栄養法の継続的支援

5.4 状況を評価しましょう

5.4.1 子どもの成長を評価しましょう

<成長曲線の急激な増加>

子どもの成長が急激に加速している場合は、どんな時でも注意が必要です。

 

子どもが病気や栄養不足だった場合は、再び十分な栄養補給ができるようになって、子どもが「成長に追いつく」期間に、急速な増加が予想されます

さもなければ、急速な体重増加は、過体重になってしまうような不適切な栄養法が行われていることを示しているでしょう。

 

子どもの体重が急速に増えている場合、身長をチェックすることも重要です。

体重だけが増えている場合は問題です。

 

体重と身長が比例して増えている場合は、前述したような栄養不足から追いつくための成長過程かもしれません。

その場合、体重月齢曲線と身長月齢曲線は両方とも上昇しますが、体重身長曲線はスタンダードカーブに沿って増えます。

 

子どもが過体重だと判断され、体重を減らすことになっても、成長曲線が急激に下がるように減量してはいけません

体重を急速に減らしすぎることは望ましくないからです。

 

そうするのではなく、過体重の子どもは「身長は伸びている一方で体重はキープする」、すなわち「自分の体重で成長する」状態を作るべきです。

 

<ポイントのまとめ>

  • 病気・栄養不足から回復する期間は、本来の曲線まで急激な体重増加がみられるのが妥当
  • 体重身長曲線がスタンダードカーブに沿っているなら、急激な体重増加がみられても妥当

  • 体重身長曲線を見て、体重だけが急激に増加している場合は、栄養法が不適切と考える

  • 過体重の子どもも体重を減らそうとしてはダメで、本来の成長曲線が追い付くまでの期間、「体重をキープ」するようにして修正を試みる

 

WHOの成長曲線はこちらから↓

月齢に対する体重不足を見分ける方法|体重-月齢曲線

低身長を見分ける方法|身長-月齢曲線

過体重や肥満を見分ける方法|体重-身長曲線

 

補完食(離乳食)の与え方は?→※第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る