一度止めた母乳を再開することは可能なのか?

緊急時など、母乳以外の代替栄養が満足に手に入らない場合や、赤ちゃんが病気や栄養不良になった場合に、「もう一度母乳育児を始める」という、選択肢があるそうです。

 

どうすれば、一度ストップした母乳を再び出すことができるのでしょうか?

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

6章 例外的に困難な環境の乳児の適切な栄養法

6.4 授乳の再開

緊急時において、一度止めた母乳育児をもう一度確立させることは、栄養不良や病気の赤ちゃんにとってメリットがあるので、管理の方法を考える際には、重要な選択肢になります(9)。

 

<モチベーションとサポート>

ほとんどの女性は、授乳をやめてから何年経った後でも、母乳を出すことができます。

しかし、授乳を止めてからの期間が短い方が、また、赤ちゃんがまだ時々吸てつしているような場合の方が、再開しやすくなります。

 

授乳を再開するには、女性はとても高い意欲を持ち、専門家による十分なサポートを受けることが必要です。

地域のヘルスワーカーや、母親を支援している団体・友人・年上の女性・助産師から、継続的な支援を受けることができます。

 

授乳をやめて何年も経った後でも、再び母乳を出すことができるんですね。

そのためには、お母さん自身のモチベーションと、周囲の人々からの継続的な支援が不可欠なんですね。

次から、具体的な再開方法を記事にしていきます。

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る