小児疾患統合管理(IMCI)の生い立ち

WHOとユニセフによるIMCI戦略の目的と、メリットについての説明です。

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

9章 政策・医療制度・地域活動

9.2 医療システムと医療サービスの強化

9.2.1 小児疾患統合管理(IMCI)

WHOとユニセフは子どもの死亡率を減らし、子どもたちの健康的な成長と発達を促進するために、IMCI戦略を立ち上げました(8)

 

IMCI戦略とは、子どもの死亡率の主な原因と戦うために、予防的・治療的介入を同時に行うものです。

医療システムと家族や地域レベルの活動に焦点を置くことで、連続的なケアを促進します。

 

IMCIには健康な子どもたちと具合の悪い子どもたちの両方に、適切な栄養法を行うことを促進することも含まれています。

IMCIが既に評価されている国々では、栄養法のやり方が改善され、子どもたちにみられる成長のつまづきが減りました(9,10)

 

IMCIは多くの子どもたちが到達可能になり、その範囲が改善されたことで、乳幼児の栄養法の介入のための重要な一歩となります。

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る