【告知】理系育児が本になります。

WHOのGOサインが出たので、お知らせいたします。
 
ちょっと理系な育児ブログが、本になることが決まりました。
 
 
【第一弾のテーマは母乳育児】
 
私たち親世代は、他人の授乳シーンなんて見たことがないまま親になったので、どういう風に赤ちゃんを抱けば合理的なのか?赤ちゃん個々の授乳パターンはどれだけバラエティに富んでいるものなのか?知りません。
頼りにしたい子育ての先輩である祖父母世代は、ミルク育児全盛期に子育てをしていたこともあり、母乳育児の間違った知識でミスリードしてくることもしばしば。
 
なにより一番の問題点は、妊婦や乳幼児の健康に直接関係のある医療系の学校ですら、母乳育児に関する科学的知識について、網羅的に学ぶ機会がほぼないこと。
 
そんな中で、「母乳育児がしたい」と思ったとしても、個人レベルで実践するのは、困難を極めます。
 
 
ということで、WHOガイドラインを中心に、母乳育児がなかなか上手くいかないのはお母さんのせいじゃないんだよ、という科学的根拠をふまえつつ、どうすれば快適に母乳育児ができるのか、という科学的な方法論をまとめました。
 
お母さん向けの、本格的な専門書、という感じです。
 
 
本になることで、迷信的アドバイスを繰り出してくるパートナーや祖父母世代に対しても、「WHOはこうだって、ここに書いてあるよ!」とチラ見せしやすくなるかもしれません。
(居間のテーブルの端っこに、読んで欲しいページに付箋をつけて、置き忘れておくこともできますね)
 
 
発売予定日など詳細が決まったら、改めてブログ上でお知らせします。
 
 

余談ですが、現在の経過報告を—。
WHOのガイドラインは、ものすごくたくさんの裏付けがもとになっている重要なポイントを、さらっと一言で説明している繰り返しなので、それを私たち一般人が理解するためには、その5倍・10倍の情報が必要だなぁと改めて感じています。
「授乳とは、おっぱいをくわえさせればOK」なんて大ウソで、本当は母乳育児をテーマに10冊くらい本が書ける気がします。が、それを1冊にまとめようとしています。
編集部「量が多い…」
私「量が多い…」
と時々遠い目をしつつ作業中です。
 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る