全身麻酔と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、手術などに使われる全身麻酔薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

1. 麻酔薬

一般情報:麻酔が必要となる場合は、事前に搾乳して冷蔵庫で保存しておき、手術中や麻酔が切れるまでの間は、赤ちゃんにコップで搾乳を飲ませられるようにサポートしましょう。

 

1.1 全身麻酔薬と酸素

●亜酸化窒素酸化二窒素笑気

授乳と両立できます。

 

●ケタミン

商品名:ケタラール

授乳と両立できます。

 

●チオペンタール

商品名:ラボナール

授乳と両立できます。

 

●酸素

授乳と両立できます。

 

●エーテル

授乳と両立できます。

 

●ハロタンハロセンハローセン

授乳と両立できます。

 

事前に搾乳しておく目的は、「薬剤が含まれる母乳を避けるため」ではなく、「お母さんが授乳不可能な状態の間に、別の誰かが赤ちゃんに搾乳を補足してあげるため」です。

 

安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

同じカテゴリーのその他の薬剤はこちらから→※麻酔薬目次

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る