ギャン泣きする赤ちゃんに授乳するのが怖い(3ヶ月)

経験談(母乳過多)

現在、母乳過多について寄せられる質問が多くなり、似たような質問をいただくこともあるため、同じような悩みの経験談がないか情報を探しやすくするために、コメント欄を整理させていただいています。

※コメントへの返信内容はあくまでコメントから推察されることであり、正解とは限りません。

母乳過多の改善方法は母子の組み合わせによって最適化する必要があるので、そのヒントとしてご利用ください。

 

2018年3月15日
はじめまして。
あと2日で3ヶ月になる女の子を育てています。

ここ2日ほど、授乳しようとすると、おっぱいに近づけるだけでギャン泣きされてしまい、途方にくれています。
出産直後から母乳のみで育てており、三時間おきに左右5分ずつで体重も順調に増えていました。

欲しがるのを待っていると、一日8回の授乳にはとてもたりないので、時間を決めて授乳していました。
おっぱいを求めて泣く、というのは数回あったかな、という程度です。
出産直後から、吐き戻しが多く、授乳と授乳の間で必ず吐いていました。授乳直後だったり、次の授乳の直前だったり、まちまちです。
医師からは、飲みすぎだから心配ない、いずれ治る、と言われているのですが、3ヶ月近くなっても吐く量は増えるばかりで減りません。

大人みたいなオナラを日に何回かします。
便は固形とはいえない感じで、下痢と区別つくのかな?と心配になるような状態です。
時々どろっとした粘液のような便や、吐き戻しがどろっとしていたこともあります。
ここ2、3日は、初めは、片方のおっぱいはよく飲み、もう片方に変えるとすごい勢いで泣き、落ち着かせてからまたチャレンジしてもギャン泣きになり、結局飲みません。左右かえても同じです。

こちらのサイトを見て、飲みはじめたおっぱいだけ、とりあえず満足するまで与えてみよう、と決めた矢先、はじめのおっぱいすら飲ませようとするとギャン泣きするようになってしまいました。

ミルクを与えるべきなのか、もう何時間も飲むまでなにもあげずにいれば飲んでくれるのか、おっぱいで泣かれるのがショックで授乳にチャレンジするのも怖くて。

しこりや詰まりで痛くなることが頻繁だったので、自分の胸の状態的にも不安です。
何かご助言いただければと思い、コメント書かせていただきました。
よろしくお願いします。

 

From sumire
はじめまして。
お子さんの授乳拒否と、乳房トラブルに困っていらっしゃるんですね。
いただいたコメントから、母乳過多だろうなと推察されますので、ぜひ母乳過多の記事をご覧になってみてください。

 

2018年3月15日

早速ご回答いただきありがとうございます。追い詰められた気持ちで過ごしていたので、救われます。

ご紹介いただいた記事の方法を基本から順に試していこうと思います。

この母乳過多を防ぐ方法について質問なのですが、欲しがるときに欲しがるだけの授乳をしていると、娘の場合には片方のおっぱい、もしくは両方とも、一日の授乳回数が8回を下回ってしまいます。
「母乳育児を続けたければ、一日8回は下回らないように、夜間授乳は必須」と産院では言われていました。
この方法を試すことで、後に母乳量が必要以上に減ってしまうことはないでしょうか。
もしくはその予防方法はありますか?

 

From sumire
母乳不足のサインがあれば、授乳回数を増やす必要があるかもしれません。
母乳過多が改善した後の記事も参考にどうぞ。

 

 

母乳過多の原因や対処法についての記事一覧は、母乳過多から見ることができます。

他の方の体験談は、経験談(母乳過多)から見ることができます。コメントする前に、似たような経験談が載っていないか探してみてくださいね。

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る