新生児でもできる|たて抱き授乳のコツ(図解)

母子の組み合わせによって、横抱き授乳ではうまく飲めなくても、縦抱きにするとうまくいく場合もあります。

産まれたばかりの赤ちゃんでも、たて抱きにして授乳することができます。

WHOは、口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんにも、有利な授乳姿勢だとして、縦抱き授乳を紹介しています。

 

やり方

※左の乳房を授乳する場合を例にします

1.赤ちゃんの両足がお母さんの左足の太ももをまたぐように腰かけさせる

2.右手でしっかりおしりを抱き寄せたまま、左手で赤ちゃんの首を後ろから支え(沐浴のときのように)、ポジショニングセット

Fig.50

3.(乳房を支える場合は、右手で支えて)

4.赤ちゃんの鼻の下の線(人中)に沿って乳頭を乗せる

5.赤ちゃんが乳頭をとらえようと口を開けたら、引き寄せて吸着させる

Fig.51

完成:赤ちゃんの頭の重さは左手にしっかりかかり、赤ちゃんの股関節とあごがお母さんに密着して、効率よく哺乳できる姿勢になっている

 

参考:口唇裂・口蓋裂の赤ちゃんへの授乳の仕方

※手は左右を逆にしても、いいと思います。やりやすい方でどうぞ。

 

真横から見ると、赤ちゃんの股関節を起点として、お母さんと赤ちゃんでVの字を描くようなイメージで、赤ちゃんのお尻をしっかりと抱き寄せます。

Fig.25

●上手に吸着させるコツ●

おっぱいに上手に吸着できるかどうかで、哺乳の効率が大きく変わります。

交差横抱き】に、吸着させる手順の詳しいイラストがあります。

赤ちゃんの高さがうまく合わず、やりにくい場合は、【授乳クッションいらずの授乳姿勢】が参考になります。

 

 

いつまでできる?

赤ちゃんの座高がおっぱいの高さを超えた場合は、良いポジショニングがとれなくなるので難しいかもしれません。

高月齢になれば、赤ちゃんのあごが乳房についていなくても、多少首がねじれていても、おっぱいに吸着さえできれば、上手に飲めるかもしれません。

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

 

※この記事は現時点でのsumireの知識・経験・考察をもとに書いているので、今後知識や経験が増えるにつれて情報を更新する可能性があります

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る