何日頑張れば増える?母乳の生産能力の変化の仕方

母乳の生産能力は、授乳のパターンによって、常に変化します。

分泌を加速させる授乳の仕方なのか、減速させる授乳の仕方なのかに影響を受けるだけで、月齢が進むと足りなくなっていくわけではありません。

 


①「生産量」の変化

まず、母乳が生産される仕組みはとても単純なものです。

  • 分泌が加速するのは
    乳房が空っぽになった時
    授乳や搾乳による乳頭への刺激があった時

  • 分泌が減速するのは
    乳房に母乳が溜まっている間
    授乳(搾乳)間隔が空いている間

 

その理由は?

母乳の分泌を止める物質が、母乳中に入っている!?

母乳を作るホルモン、プロラクチン|母乳量の調節

 


②「生産能力」の変化

次に、WHOのガイドラインと、私の経験から得た印象では、

生産能力の変化(乳房のオン・オフの切り替え)は、数時間や1日などの短期間ではなく、数日~数週間の長期間で起こるようです。

 

1日単位で、どかんと生産量が増えたり減ったりするのではなく、授乳の仕方によって、生産が加速していく方向に引っ張られていく(または減速していく方向に引っ張られていく)ようなイメージです。

 

つまり、

  • 授乳や搾乳をすることで、頻繁に乳房を空にし、乳頭への刺激を与えていれば、数日くらいかけて、今よりも「母乳の生産能力」が上がっていきます。

逆に、

  • 乳房に母乳が溜まっている時間が増えてくると、数日~数週間かけて「母乳の生産能力」自体も下がっていくような感じです。

 


よくある授乳パターンの変化

仕事復帰や入院などで母子分離になった場合は、搾乳できなければ、その間、じわじわと乳房は「休止モード」へ向かうかもしれません。

夜間授乳をしない場合も同じです。

 

例えば、そのブランクが1日だけだったなら、乳房がオフに切り替わる暇はない(=母乳を乳房から除去した後は、分泌能力はすぐに戻る)かもしれません。

 

でも、それが何日も続いていくと、全体的にゆっくりオフモードに引っ張られていく(=母乳を除去したからといって、以前の分泌能力にすぐには追いつけなくなっていく)可能性があります。

「それまでと同じ調子で母乳を作り続けると多すぎるぞ」ということで、ホルモンの感受性が鈍くなったり、乳腺が一部後退し始めたりなどの変化があるのかもしれません。

 

だから、仕事などでの母子分離中にも搾乳することが大事と言われているんですね。

夜間授乳しない期間が続くと、いつの間にか母乳の生産能力が落ちてしまうこともあるんですね。

 

そして、仕事復帰後は、毎日帰宅後に頻回授乳することで、「全体的にオフモードに引っ張られていくのを、オンモードへ引っ張り返す」効果もあるんじゃないかなと思います。

 

関連記事→※仕事中に搾乳する時間がない場合にも、分泌維持するには?

2014/1/6更新

関連記事

コメント

    • かりん
    • 2018年 2月 05日

    はじめまして、7ヶ月の男の子を育てています。
    最近の健診で体重の増えが悪く、病院では要指導となりました。12月半ばくらいから体重が増えていません。
    今までは母乳のみでしたが、体重が増えていないので混合を検討していますが哺乳瓶やスパウトなどの乳首を嫌がるので飲みません。カップからなら少し飲みます。
    今から母乳量は増えるでしょうか?
    記事や本を参考に今までより授乳回数を増やし(1日6〜7回→9〜8回2.3時間に1回に)、水分もよく取るようにしました。
    ちなみに、5ヶ月半ばくらいから夜よく寝るようになり、夜間の授乳は減ってきていて昼の授乳間隔も少し長くなったように感じていました。
    授乳時間も短くなっていたのですが、単に出ていないので終わりにしていたのかもしれません。
    おっぱいでぐずっている時もあれば眠くてぐずっている時もありますが、正直見分けはつきません。寝なかったらおっぱいをあげていました。
    健診にいってから3日ほどですが、授乳回数を増やしたからか一回に出る量が少ないようですぐに離されてしまいます。
    それでも交互になんとか吸わせ続けて少しでも長く吸ってもらえるようにしています。
    子どもも健診の日から夜間起きるようになり、起こさずに授乳ができるようになったのですがもともとよく寝るので1回くらいです。

    長くなってしまいましたが、こんなやり方で増えていくでしょうか?
    いままで混合にせず母乳で育てたくてがんばってきたので、なんとか母乳育児を続けたいです。
    よろしくお願いします。

    • お子さんの体重推移と母乳の分泌を心配していらっしゃるんですね。

      WHOによると、一般的には、授乳回数6〜7回で分泌維持することは難しく、分泌量を増やしたい場合は8〜12回以上の授乳回数が必要なようです。
      8〜9回程度は、やはり少ないように感じますが、人によっては、それで増える可能性もあります。
      何度でも授乳することが嫌じゃなければ、母乳は増えると思います!

      お子さんの成長のために、離乳食の情報もお役に立てるかもしれません。

        • かりん
        • 2018年 2月 11日

        お返事ありがとうございます。
        あれから1日9〜10回に増やして授乳したところ徐々に子どもの飲みが良くなったように思います。深夜の張りも以前のように強めに張るようになり、少しずつ増えている気がします。
        またアドレスいただいたように補完食も始めていこうと思います。
        ご回答いただきありがとうございました。
        また気になることがあったら質問させてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る