何日頑張れば増える?母乳の生産能力の変化の仕方

母乳の生産能力は、授乳のパターンによって、常に変化します。

分泌を加速させる授乳の仕方なのか、減速させる授乳の仕方なのかに影響を受けるだけで、月齢が進むと足りなくなっていくわけではありません。

 


①「生産量」の変化

まず、母乳が生産される仕組みはとても単純なものです。

  • 分泌が加速するのは
    乳房が空っぽになった時
    授乳や搾乳による乳頭への刺激があった時

  • 分泌が減速するのは
    乳房に母乳が溜まっている間
    授乳(搾乳)間隔が空いている間

 

その理由は?

母乳の分泌を止める物質が、母乳中に入っている!?

母乳を作るホルモン、プロラクチン|母乳量の調節

 


②「生産能力」の変化

次に、WHOのガイドラインと、私の経験から得た印象では、

生産能力の変化(乳房のオン・オフの切り替え)は、数時間や1日などの短期間ではなく、数日~数週間の長期間で起こるようです。

 

1日単位で、どかんと生産量が増えたり減ったりするのではなく、授乳の仕方によって、生産が加速していく方向に引っ張られていく(または減速していく方向に引っ張られていく)ようなイメージです。

 

つまり、

  • 授乳や搾乳をすることで、頻繁に乳房を空にし、乳頭への刺激を与えていれば、数日くらいかけて、今よりも「母乳の生産能力」が上がっていきます。

逆に、

  • 乳房に母乳が溜まっている時間が増えてくると、数日~数週間かけて「母乳の生産能力」自体も下がっていくような感じです。

 


よくある授乳パターンの変化

仕事復帰や入院などで母子分離になった場合は、搾乳できなければ、その間、じわじわと乳房は「休止モード」へ向かうかもしれません。

夜間授乳をしない場合も同じです。

 

例えば、そのブランクが1日だけだったなら、乳房がオフに切り替わる暇はない(=母乳を乳房から除去した後は、分泌能力はすぐに戻る)かもしれません。

 

でも、それが何日も続いていくと、全体的にゆっくりオフモードに引っ張られていく(=母乳を除去したからといって、以前の分泌能力にすぐには追いつけなくなっていく)可能性があります。

「それまでと同じ調子で母乳を作り続けると多すぎるぞ」ということで、ホルモンの感受性が鈍くなったり、乳腺が一部後退し始めたりなどの変化があるのかもしれません。

 

だから、仕事などでの母子分離中にも搾乳することが大事と言われているんですね。

夜間授乳しない期間が続くと、いつの間にか母乳の生産能力が落ちてしまうこともあるんですね。

 

そして、仕事復帰後は、毎日帰宅後に頻回授乳することで、「全体的にオフモードに引っ張られていくのを、オンモードへ引っ張り返す」効果もあるんじゃないかなと思います。

 

関連記事→※仕事中に搾乳する時間がない場合にも、分泌維持するには?

2014/1/6更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る