原虫感染症と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、アメーバ症などの治療に使われる薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

 

6.5 抗原虫薬

6.5.1 抗アメーバ症・ジアルジア症

●ジロキサニド

データがありません。

 

●メトロニダゾール

商品名:フラジール

可能なら避けましょう。動物実験で発がん性の可能性が示唆されています。単一用量で2 g服用した場合は、授乳を12時間中断しましょう。事前に搾乳して冷蔵庫で保存しておき、その間は、赤ちゃんにコップで搾乳を飲ませられるようにお母さんのサポートをしましょう。

 

6.5.2 リーシュマニア症/ レーシュマニア症の治療薬

●アンチモン酸メグルミン

授乳と両立できます。

 

●ペンタミジン

授乳と両立できます。

 

相補薬

●アムホテリシンB/ アンホテリシンB  (B)

商品名:ファンギゾン、ハリゾン

データがありません。

 

相補薬・安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

同じカテゴリーのその他の薬剤はこちらから→※感染症目次

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る