特異的な解毒剤と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、中毒治療などに使われる特異的な薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

4. 解毒剤・中毒治療薬

4.2 特異的

 

●アセチルシステイン

商品名:ムコフィリン、アセテイン

データがありません。

 

●アトロピン

授乳と両立できます。赤ちゃんに副作用が出ないか観察しましょう(分泌の乾燥・体温上昇・中枢神経系障害)。

 

●グルコン酸カルシウム

商品名:カルチコール

データがありません。

 

●デフェロキサミン

データがありません。

 

●ジメルカプロール

商品名:BAL

可能なら避けましょう。早産児や月齢1カ月未満の乳児の場合は、特に注意が必要です。赤ちゃんに副作用が出ないか観察しましょう(溶血・黄疸)。G-6-PD欠損の赤ちゃんの場合は避けましょう。

 

●D, L-メチオニン

データがありません。

 

●メチルチオニニウム塩化物/ 塩化メチルチオニニウム/ メチレンブルー

可能なら避けましょう。早産児や月齢1カ月未満の乳児の場合は、特に注意が必要です。赤ちゃんに副作用が出ないか観察しましょう(溶血・黄疸)。

 

●ナロキソン

データがありません。

 

●ペニシラミン

データがありません。

 

●ヘキサシオノ鉄(Ⅱ)酸カリウム二水和物/ プルシアンブルー

データがありません。

 

●エデト酸カルシウムナトリウム

データがありません。

 

●亜硝酸ナトリウム

データがありません。

 

●チオ硫酸ナトリウム

データがありません。

 

安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

同じカテゴリーのその他の薬剤はこちらから→※解毒剤目次

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

 

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る