母乳で赤ちゃんの体重をもりもり増やすための秘訣

まず、「母乳は体重が増えにくい」というのは、迷信です。

本当は、生後半年間は、母乳の方が体重は増えやすいのです。

 

それはおいておいて、今回は、「より高カロリーな母乳を飲ませるためにはどうすればいいのか」について書かれている論文の紹介です(前回までの記事の続き)

 

<脂肪分と授乳間隔>

定時授乳を推奨する人々は、「授乳間隔を空けるほど、赤ちゃんはお腹が空くのでより哺乳に積極的になり、授乳後半の脂肪分豊富な母乳まで飲むことができる」と信じています。

しかし、これに対しては面白い観察結果があります。

 

授乳頻度が、前乳の乳脂肪の濃度に影響するのです。

頻繁に授乳すれば、母乳の質に直接的に影響を与えることができます。

つまり、授乳したときに赤ちゃんが飲む母乳の脂肪濃度は、授乳頻度を多くするほど、また、除去される母乳量が多いほど、高くなります

 

欧米の病院では、かつて、授乳頻度と授乳時間を制限することが一般的だったので、赤ちゃんが摂取する脂肪分は少なくなっていたでしょう。

 

そのような制限は、医原性の(医師の診断や指導が原因となる)母乳育児の問題が生じる結果となってしまいました。

例えば、

  • 脂肪分を制限してしまうこと(その結果、赤ちゃんがよく泣くこと)
  • 母乳の生産量低下
  • 栄養不足


などが生じてしまった
のです。

 

<原文>

Lisa Marasco, BA, IBCLC and Jan Barger, MA, RN, IBCLC. Examining the Evidence for Cue feeding of Breastfed Infants

 

つまり、頻繁に授乳すると、赤ちゃんに十分な量の母乳を飲ませることができるだけじゃなく、母乳のカロリーも高めることができるという、ダブルの効果が期待できるんですね。

 

「授乳が頻繁・長時間すぎて十分に飲めていないかも」という心配は無用ということです。

むしろ、赤ちゃんが受け取っているカロリーや栄養素はどんどん増えているのです。

 

ここで書かれている「かつては授乳頻度と授乳時間を制限していた」のは、少なくとも20年以上前のことですが、日本ではいまだに取り入れている病院もあるようです。

でも、それは古いやり方であり、「医原性の問題」の発生源なので、従わないことが成功の秘訣!です。

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/12更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る