医学的には次の妊娠までどのくらいあけた方がいいのか

「次の子どもを授かることができるとしたら、何歳差がいいのか?」は、よく話題になるかもしれません。

しかし、「次の妊娠までの期間が、医学的にどんな意味があるか?」という重要な話は、日本ではほとんど話題になることはありません。

女性の問題というよりは、パートナー含め、社会全体が知っておくべき情報です。

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

8章 母親の健康

8.4 家族計画と母乳育児

前回の妊娠から次の妊娠までが近すぎると、どんな有害な影響を与えるかについては、よく認識されているでしょう。

 

  • 出産してから次に妊娠するまでの期間が18カ月程度以下の場合
    新生児死亡率および乳児死亡率、低出生体重、胎児発育遅延、早産のリスクが有意に高くなります。

 

  • 出産してから次に妊娠するまでの期間が6カ月以下の場合
    さらに妊産婦死亡率のリスクも高くなります。

 

夫婦には、次の妊娠を試みる前に、生児出生後はすくなくとも24カ月、流産後は6カ月待つようにアドバイスしましょう(5)

 

年子は育児が大変だとか、逆に楽だよとか、そういう話ばかりでなく、何歳差で産むかが母子の体に影響を与えることがあるんですね。

様々な理由で、産後早期の妊娠を希望する場合もあるかもしれませんが、こういうリスクがあることを知った上で、選択するということが重要でしょう。

 

女性が避妊をコントロールできない場合にも役立つ、産後の避妊についてのガイドライン

産後は避妊する必要はない?授乳性無月経法の条件

授乳中の女性に向いているもの・向いていないもの|避妊方法

 

 

2017/4/15更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る