直母した後に、大量のミルクを飲み干すのは母乳不足?

「毎回の授乳後にミルクも足すよう指導された」

「おばあちゃんに授乳後の赤ちゃんにミルクを足され、ほら飲んだじゃない!足りないのよ!と勝ち誇られる」

…母乳育児中の女性が、自信を失いやすい、よくある状況です。

 

でも、そこで「私は母乳が出ない体質なんだ…ミルクを足した方が赤ちゃんも満足できていいのかも…」と勘違いしないで!

授乳後も赤ちゃんが満足していないように見える場合は、母乳の生産能力が低いのではなく、授乳の仕方がよくない可能性が高いです。

 


「大人主導の授乳」vs「赤ちゃん主導の授乳」

本来なら、赤ちゃんに必要な母乳量は、例えば60 ml x 12回 = 720 mlだったり90 ml x 8 回= 720 mlだったり、あるいは50 ml x 10回 = 500 mlだったりと、量も飲み方も本当にバラバラですが、

「赤ちゃん主導の授乳」ができていれば、赤ちゃんが母乳の生産量と哺乳量をちょうどよく調整してくれるメカニズムがあります。

 

「赤ちゃん主導の授乳」ができている場合は、「赤ちゃんは満足したら自分から飲むのをやめ、2-3割は母乳を飲み残す」んだけど、普段から授乳時間や回数を制限している場合は、そうはいかないようです。

 

「5分x2往復など、決めた時間授乳しても満足しない!」

「授乳間隔が空かない!」

「ミルクを与えてみると飲んだから、きっと母乳が足りていない!」

などという「大人主導の授乳」になることで、「母乳不足のスパイラル」に入ってしまうことが多いのです。

 


事実:ミルクは「追加」できない

とても重要なことですが、一般的には、1日トータルで見ると、

「ミルクを足した分、摂取カロリーが増えた♪」

「母乳が不足している分をミルクで補うことができた♪」

とはならず、

 

「本当は母乳で補えていたはずのカロリーの一部が、ミルクに置き換わっただけ」

という現象がおこります。

 

最終的には…ミルクを与えるほど、母乳が除去される量が減るので、母乳の生産量も減っていく可能性があります。

 

つまり、私たちが、「赤ちゃんの体重がもっと増えるように」と願って補足しているミルクは、「追加」できているんじゃなく、「母乳と置き換え」ているだけだったのです。

(しかも、生後半年間は、母乳よりミルクの方が体重は増えにくい!)

 

母乳不足「感」→ミルク増量→母乳量減少のスパイラルにならないためには、赤ちゃん主導の授乳」ができるセンス(考え方)を身につけるのが近道です。

 

その辺の育児書・専門家・ネット情報などより、自分の赤ちゃんの方が「どういう風に授乳すればいいのか」に精通しているはずなので、指示を仰いでみるといいかも。

(赤ちゃんが「今飲む。」と要求すれば、「10分前に飲んだばかりだけど!?」と躊躇せずに差し上げ、「もっと飲む。」と要求すれば、「もう30分は飲んでるけど!?」とひるまずに差し上げていれば、母子ともに、良いスパイラルに入れるのだ。不安にならなくて大丈夫)

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る