鼻づまり・鵞口瘡・直母ができない場合はどうする?病気の赤ちゃんへの授乳方法

赤ちゃんは鼻づまりと仲良しですよね。

病気が原因で、授乳が難しくなる場合もあります。

「鼻づまりの掃除の仕方」と、病気などが原因で「直母できない赤ちゃんへの飲ませ方」のガイドラインです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.17 子どもの病気・黄疸・奇形

 

鼻づまりのある赤ちゃん

食塩水や母乳を滴下して、ねじって芯を作ったティッシュで鼻をきれいにする方法を教えてもらいましょう。

鼻が通るようになるまでは、授乳時間を短くすることで、息継ぎする時間を与えることができます。

その代わり、授乳の回数を増やします。

 

鵞口瘡(カンジダ)による口の痛みがある赤ちゃん

お母さんの乳首と赤ちゃんの口の中両方を、ゲンチアナバイオレットやナイスタチンで治療するべきです(第7章7.8参照)。

 

適切に直母することはできないけど、経口・経腸栄養は可能な赤ちゃん

お母さんは搾乳することができます(第4章4.5参照)。

母乳の分泌維持のためには、授乳する場合と同じ回数、つまり24時間で8回は搾乳しましょう。

 

搾乳は、コップや鼻腔チューブやシリンジで飲ませることができます。

赤ちゃんが欲しがれば、いつでも哺乳することを奨励しましょう。

 

搾乳を楽にするコツは、タグ搾乳をどうぞ。

鼻づまりで直母が難しいときも、コップで搾乳を飲ませると息継ぎをしながら飲める場合もあります。

2017/4/2更新

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る