ぜんそくと母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、ぜんそくの治療に使われる薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

25. 呼吸器に作用する薬

25.1 ぜんそく治療薬

 

●アミノフィリン

商品名:ネオフィリン

授乳と両立できます。

 

●ベクロメタゾン

商品名:キュバール

授乳と両立できます。

 

●エピネフリン(アドレナリン)

授乳と両立できます。

 

●イプラトロピウム臭化物/ 臭化イプラトロピウム

商品名:アトロベントエロゾル

データがありません。

 

●サルブタモール

商品名:サルタノールインヘラー、ベネトリン

授乳と両立できます。

 

●テオフィリン

商品名:テオドール、テオロング、スロービッド、ユニフィルLA、アプネカット

授乳と両立できます。

 

相補薬

●クロモグリク酸 (B)

商品名:インタール

授乳と両立できます。

 

相補薬・安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

同じカテゴリーのその他の薬剤はこちらから→※呼吸器目次

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る