筋無力症と母乳育児|授乳OKな薬・NGな薬|WHO

WHOが発表している、「授乳中に飲める薬と飲めない薬」の一覧表のうち、重症筋無力症などの治療に使われる薬が、授乳にどのような影響を与えるかのリストです。

 

WHO必須医薬品リスト第11版「母乳育児と母親の薬物療法」

20. 筋弛緩薬(末梢作用)・コリンエステラーゼ阻害剤

 

●ピリドスチグミン

商品名:メスチノン

授乳と両立できます。

 

●ネオスチグミン

商品名:ワゴスチグミン

アトロピンと併用するのは、可能なら避けましょう。理論的に副作用が出る可能性があります。

 

●アルクロニウム

授乳と両立できます。

 

●スキサメトニウム/ スクサメソニウム

授乳と両立できます。

 

相補薬

●ベクロニウム (C)

授乳と両立できます。

 

相補薬・安全性の分類方法を詳しく知りたい→※一覧表の使い方

目次に戻る→※「母乳育児と母親の薬物療法」WHO必須医薬品リスト第11版|目次

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る