腹もちの良い母乳の飲ませ方

母乳はカロリーが低いとか、腹もちが悪いとか、誰が言い出したのでしょう?

そんなこと言われると、母乳だけならいくら飲ませても足りないような、ミルクも飲ませないと赤ちゃんは満足できないような気がして、ますます不安になっちゃう!

 

母乳はそんな水みたいに薄い、ローカロリーな飲み物ではありません。

(カロリーはミルクと同じだし、生後半年間はミルクよりも赤ちゃんの体重が増えやすいのが事実)

 

授乳の仕方が良くないことが多いから、体重が増えにくいように見えたり、とても腹もちが悪く見えたりしちゃうのかもしれません。

ということで、どんな風に授乳すればいいのかと、その理由をまとめました。

 

●腹もちのいい母乳の飲ませ方:いわゆる赤ちゃん主導の授乳

  • 赤ちゃんの要求に応じて、頻繁に授乳する
    →授乳を頻回にしておっぱいを空にするほど、母乳中の脂肪濃度が上がる!

  • まず最初のおっぱいを飲み終わる(ふにゃふにゃになる)まで、飲ませる
    →脂肪分が豊富な、後乳までしっかり飲める!

  • 赤ちゃんが飲みたがるだけ長く、授乳する
    →脂肪分の毎分あたりの摂取量は、授乳開始後15-20分頃にピークがくる!

 

ポイント

脂肪分は、胃が空になるのを強力に防いでくれるので、いわゆる腹もちもよくなります。

②すると、消化器をゆとりを持って通過できるようになり、消化もより完全にすることができます。

③その結果、摂取できるカロリー・栄養素だけでなく、消化吸収できるカロリー・栄養素も増える、ダブルのメリットが期待できます。

 

●腹もちの悪い母乳の飲ませ方:いわゆる大人主導の授乳

  • 授乳間隔を、3時間おき、4時間おきなどと、できるだけ空けて胸を張らせる
    →胸が張るほど、母乳の脂肪濃度は低くなる…

  • 授乳中、時間を計って、左右3分ずつ、5分ずつなど、両胸を交互に飲ませる
    →脂肪濃度の低い前乳を主に飲むことになる…

  • 赤ちゃんがまだ欲しそうにしていても、授乳は20分以内に切り上げる
    →脂肪分豊富な後乳が十分に飲めない…

 

ポイント

①摂取した乳脂肪分が少ないと、胃の滞在時間が短くなります。

②すると、乳糖が小腸に一気に流れ込むことで、消化吸収のキャパシティを超え、消化が不十分になりやすくなります。

③その結果、摂取できるカロリー・栄養素だけじゃなくて、消化吸収できるカロリー・栄養素も少なくなってしまう、ダブルのデメリットが生まれる可能性があります。

 

赤ちゃん主導の授乳のやり方→※赤ちゃんに優しい病院では、赤ちゃん主導の授乳を奨励されます

 

<主な参考文献>

M.W. Woolridgea, Chloe Fisherb. COLIC, “OVERFEEDING”, AND SYMPTOMS OF LACTOSE MALABSORPTION IN THE BREAST-FED BABY: A POSSIBLE ARTIFACT OF FEED MANAGEMENT? The Lancet, Volume 332, Issue 8607, 13 August 1988, Pages 382–384

 

Kent J et al. Volume and frequency of breastfeeding and fat content of breastmilk throughout the day. Pediatrics, 2006, 117(3): e387–392.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る