クリスマス?お正月?乳腺炎になりやすい時期となる割合|WHO

疫学

授乳中女性のうち、どのくらいの割合で乳腺炎を経験するのでしょうか。

また、乳腺炎になりやすい時期というのはあるのでしょうか。

 

乳腺炎;原因と対処法, World Health Organization

2.疫学

2.1発生頻度

乳腺炎や乳房膿瘍は、母乳育児が標準的な状態かどうかに関わらず、あらゆる母集団に生じます。

 

報告された発生頻度は、授乳中女性の数%~33%の幅がありますが、通常は10%以下です(Table1)。

多くの研究は方法論的に限界があり、大規模な前向きコホート研究は存在しません。

発生率が高いものは、限定された母集団のものです。

 

乳房膿瘍の発生率も幅があり、多くの推定値は、乳腺炎患者の後向き研究によるものです(Table2)。

 

2.2発生時期

乳腺炎は、産後2週目と3週目に好発します(29; 120; 122)。

多くの研究では産後最初の12週間に74%~95%が発生することが示されています(49; 122; 140; 167; 170)。

しかし、乳腺炎は授乳期間のどの段階でも起こり得るもので、産後1年以上経った後にも起こることがあります(7; 140)。

 

乳房膿瘍も産後6週間に好発しますが、乳腺炎より少し遅れて生じるでしょう(18; 32; 43; 49; 71; 74; 109; 119; 157)。

 

 

乳腺炎は、どんな環境で子育てしていても起こりうるものなんですね。

 

そして、その発生頻度は、「クリスマスやお正月などの特別なイベント時期に集中する」のではなく、「産後の時期に高くなる」ことが、いくつもの研究で分かっているんですね。

 

もし、「ケーキやフライドチキンを食べると乳腺炎になる」というような、生化学的な要素が乳腺炎の原因になるなら、乳腺炎の発症リスクが上がる時期は、「12月に増える」など、「高カロリーな食事をしやすいイベント時期」に依存した結果になるはずです。

 

しかし、「多くの研究では産後最初の12週間に74%~95%が発生する」ということは、イベントよりも、「母乳育児の立ち上がり」に関係している原因がありそうです。

 

ということで、次の記事では、乳腺炎の原因について取り上げます。

 

母乳育児は知識は深く、試練は小さく

「母乳育児は辛いもの」と思われがちですが、多くの困難は、知識とスキルが不足しているために起こることが分かっています。

授乳の基礎母乳の生理学から、効果のあるやり方のヒントが見つかります。

 

※Table 1, Table 2;原文参照(ブログ上には掲載していません)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る