【告知】厚労省のPR活動の委員に選出されました

この度、今年、厚労省が策定した「授乳・離乳の支援ガイド」をPRするための、研究会メンバーに選んでいただきました。

 

厚労省は、支援ガイドが上手く浸透していない状況を受けて、当事者に分かりやすい内容の資料と保健医療者向けの研修資材の開発を目指しているそうです。

 

この研究会活動の目的は、

「母乳育児の当事者である、産前産後の女性たちに必要な情報を届け、困り感を減らすこと」

だそうです。

 

(そう、それ、ずっと目指してたやつ…!)

 

なんのコネもない私に声がかかるとは信じられなくて、最初は、なんか厚労省の名を語った業者に騙されようとしてるんじゃないかと、疑ってしまいました(失礼)。



sumireをメンバーにいれるのも挑戦的な感じがしますが、この研究会はマーケティングの専門家が指揮をとっていらっしゃるようなので、うまいこと情報拡散して、日本の子育て環境が一歩前進したらいいなと、期待が膨らんでいます。



私自身は、科学的な情報発信をしていることに興味を持っていただいたようですが、当事者である母親側の立場として、選ばれました。

 

自分が子育てしてる中で感じたモヤモヤを大事にして、臨みたいと思います。



専門家の中に混ざって、どのくらい素人の話を聞いてもらえるのか不安ではありますが、机上の空論にならないようにできるだけ粘りたいと思いますので、応援よろしくお願いします。



※母乳育児をする中で、「どんなことに困ったか」「受けてよかった支援」などの現場の情報を必要としています。私の体験は限られますし、記憶も遠くなりつつあるので、もし体験談をコメントいただければ私がまとめて持っていきたいと思います。

Twitterで、匿名アンケートを実施していますので、よければご参加ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る