【告知】BRUTUS |インタビュー掲載

BRUTUS

雑誌「BRUTUS 」さんの最新号におじゃましてきました。

今回は読書を特集されていて、カバーがとてもミステリアス。

 

その中の「理系読書」というコーナーで、「子どもが初めて科学に出会う本」というテーマで、絵本を3冊ご紹介しています。

ネタバレにならない程度にオススメポイントを簡単にまとめると・・・

 

1冊目は、sumireが子どもの頃に読んでいて、理系の道に進むきっかけの一つになったかも?しれない絵本。

自分自身に子どもができてから本屋さんで再開し、全シリーズ即買いしました。

対象年齢は4歳から大人まで。

私は小学生の頃によく読んでいたので、大きめのお子さんがいらっしゃる方にもぴったりです。

年齢によって楽しみ方が変わるので、初めて読んだときは反応が薄くても、数年後にハマることもあります。

 

2冊目は、「図鑑の入門編」としてもおすすめの、大型本。

肌触りのいい紙に、芸術的で緻密な絵が彩られた、まるでアートブックのような一冊です。

我が家では、説明文からクイズを出す遊びが人気です。

一般的な図鑑とは視点が異なり、「なぜこの説明を選んだ……?」とややマニアックなところが、大人も楽しめます。

 

3冊目は、小さなお子さんの心をわしづかみすること間違いなしの絵本です。

特に、2〜4歳くらいのお子さんのウケがいいかも?

 

かなりざっくりですみません。

実物はぜひ雑誌をご覧ください(好評発売中です!)。

 

この最新号は、一冊丸々、読書について特集されていて、さまざまな分野の専門家がオススメの本(めちゃめちゃマニアック)を紹介されているので、そちらも興味深いです。

図書館などで借りるのではなく、電子書籍で読むのでもなく、「紙の本」として、手元に置いておきたい本ってありますよね(この企画に関わったあと、本屋さんへ直行しました)。

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る