射乳感覚がない?普通です!射乳反射の起こり方

授乳中、「ツーンとする感じ」はありますか?

それとも何も感じないですか?

 

赤ちゃんに授乳し始めると、脳からオキシトシンが瞬間的に放出されます(オキシトシン反射)

すると、乳房の母乳が溜まっている部分が収縮して、母乳が乳管へと流れ出します(射乳反射・催乳反射)

 

授乳中、これらの反射は何回くらい起こるのか?どのくらいの時間続くのか?を研究した論文を、横断的にまとめてみました。

 

研究①オキシトシンの、血中濃度変化を調べてみた!

産後4-6日と4-10週頃の女性の、授乳前と授乳中の血中のオキシトシン濃度を測定。

 

全ての女性は、授乳前からオキシトシン濃度が上昇し始めた。

授乳を始めると、全員のオキシトシン濃度が上昇した。

オキシトシン反射がピークに到達するまでが約1分、そこからもとのレベルに落ちるまでも約1分。

授乳中は、オキシトシン反射が何度も起こる(図に示された4人のデータでは、10-15分間に4-5)

典型的な反射の起こり方は、約2分おきにオキシトシン反射が連続するパターン。

 

<原文>

ALAN S McNEILLY, IAIN C A F ROBINSON, MARY J HOUSTON, PETER W HOWIE, Release of oxytocin and prolactin in response to suckling, BRITISH MEDICAL JOURNAL, 1983, VOLUME 286.

 


研究②乳腺の、内圧の変化を調べてみた!

乳腺の内圧が上昇=射乳反射。

 

  • 射乳が起こるまでの時間
    授乳を開始して約80

  • 射乳の継続時間
     1回の反射につき約1分間。

  • 射乳間隔
     1-2分おきに繰り返された。10分間に410回起こった。

 

<原文>

Cobo, E., De Bernal, M.M., Gaitan, E. & Quintero, CA. Neurophypophyseal hormone release in the human. II. Experimental study during lactation. Am. J. Obstet. Gynec. 1967, 97, 519-529.

 


研究③乳管の、直径の変化を調べてみた!

乳管の直径が増大=射乳反射。

月齢1-22カ月の赤ちゃんに母乳育児をしている女性が対象。

 

  • 射乳が起こる回数
    全ての授乳のうち、74%は複数回、26%1回のみ。

  • 射乳が起こるまでにかかる時間
    授乳を開始して4-88秒の間。

  • 射乳の継続時間
    平均86±51秒。

  • 射乳が起こる間隔
     122±56(45356)

 

今回の調査では、88%の女性が、最初の射乳に気づくことができた。

しかし、2回目以降の射乳に気づけた女性は一人もいなかった。

 

<原文>

Ramsay DT et al. Ultrasound imaging of milk ejection in the breast of lactating women. Pediatrics, 2004, 113:361–367.

 

まとめ

1回の授乳で、射乳反射がどのくらいの間隔で、何回起こるのかなどは、個人差というよりは、「毎回の授乳によって、多少、違う」ようです。

お母さんの状況や、赤ちゃんが上手に吸着できているかなどの違いで、効果的なオキシトシン反射が起こるかどうかが、わりと簡単に変わってくるからかもしれません。

 

様々な文献で共通している意見は、

  • 授乳中、射乳反射は複数回起こることが多い
    (最短で、3分間で3回を記録。授乳時間が長いほど、回数も多くなる。20分以上の授乳を調べた論文は探せていない)

  • 射乳反射に、大きな痛みを感じるほどはっきり!気づく女性もいれば、全く!気付かない女性もいる
  • 気付いたとしても、最初の1回だけのことが多い

  • オキシトシン反射は、リラックスしていた方が起こりやすい

 

つまり、何も感じなくても、射乳反射は授乳中に何度も起こっている可能性が高いんですね。

 

射乳が複数回起こった場合、オキシトシン反射の強さも、乳管が拡張する大きさも変わらない(=2回目以降が控えめになるわけじゃない)ようです。

それなのに、1回目の射乳に気づけたお母さんでさえ、2回目以降はほとんど気づけないんですね。

 


重要なこと

効果的に射乳反射を起こすポイントは、お母さんがリラックスできる場所で、ポジショニングとおっぱいへの吸着を上手にして(乳首に効果的に吸てつ刺激が加わるようにして)授乳することでしょう。

ツーンともチクチクともしなくても、普通なのです!

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

オキシトシン反射って何?どうすれば起こせるの?など、さらなる情報は、射乳反射から知ることができます。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る