ブログ開設4周年

ブログ開設4周年

いつも読んでいただいている方も、初めましての方も、ご訪問ありがとうございます(^^)

この一年は、ブログ書籍化という一つの区切りの年になり、多少、ブログ内容の整理とアップデートもできました。

現在、このブログではどんなテーマを扱っているのか、よければのぞいてみてください→このサイトについて

 

ブログ内容のアップデートについて

記事を整理する中で、いくつか加筆修正した点がありますが、その一環で「アタッチメント」という言葉を使うのをやめました。

アタッチメントとは、「乳房への吸着の仕方」を意味し、母乳育児を軌道に乗せるために重要とされるスキルの一つです。

 

WHOガイドラインを翻訳公開した当初、一般的に「母乳育児にスキルが必要とされること」はほとんど知られておらず、「母乳育児ができるかどうかは母親の体質次第」と信じられていました。

 

そこで、WHOをはじめとして、母乳育児の研究者たちが使用している「ポジショニングとアタッチメント」という用語を母乳育児のキーワードにするべく、このブログでは「アタッチメント」という言葉も積極的に使っていました。

 

が、ひっそり系でおなじみの(?)当ブログでは、世論にインパクトを与えることもできず、今でも一般的には、「母乳育児ができるかどうかは母親の体質次第」と考えられています。

 

また、ある母乳育児界隈では同じ意味で「ラッチオン」と呼ばれていたり、別の界隈では「アタッチメント(ペアレンティング)」が別の意味を持つことなど、概念が浸透していない上に分かりにくいので、初心者でも誰でも理解しやすいことを優先し、「乳房への吸着」に統一して表現することにしました。

(一部PDFファイルなどは修正していません。要望があれば修正します)

 

母乳育児を快適にできるかどうかはポジショニング次第!

ついでに、今年も去年に続いて、ポジショニングについて語っていいでしょうか(しつこい)。

「乳房への吸着の仕方」は確かに重要ですが、私自身が母乳育児をしてみた経験から、授乳の様子を評価する際に、「乳房への吸着」にばかり注目することは、時には問題にもなると感じています。

 

たとえば、乳房への吸着が完璧にうまくいったとしても、ポジショニングが悪ければ、母乳の流れは大きく阻害されてしまうということは、全く知られていません。

(上手におっぱいをくわえている…それなのに飲めないことがある…なんて、思いもよらないですよね!)

 

よって、現状では

「大きな口でおっぱいをくわえている=授乳のやり方に問題はない」

という判断をしがちで、

それでもうまくいかない場合は、

「哺乳量が増えないのは、やっぱり私が母乳が出ない体質だから…?」

「乳首の痛みを我慢してまで、母乳をあげないといけないの…?」

など、原因と結果を正しく結び付けにくくなっています。

 

 

一方で、ポジショニングがよければ、良い吸着になりやすい(あるいは、諸事情により良い吸着が実現できなくても、効率的に哺乳しやすくなる)と考えられ、「ポジショニング」は、より重要度が高いキーワードだと感じています。

 

よって、母乳育児の新しい合言葉は

「母乳育児を快適にできるかどうかはポジショニング次第!」

をひっそり押していきたいと思います(ひっそり)。

 

 

最後に

さて、ここまでしつこく語ってきたポジショニングですが、その意味するところは「横抱き」「フットボール抱き」などのお母さん側の授乳スタイルのことではありません。

「え、そうなの?」と思われた方は、ぜひ、ポジショニングをのぞいてみてください。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」にも、母乳育児のイメージがガラッと変わる話が、もりもり詰まっています。

本でもお会いできることを、楽しみにお待ちしています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る