【告知】新刊の試し読み&攻略方法

書籍カバー

ブログが本になりました。書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」として、発売中です。

「どんな本なの?」「どんな風に使うと効果的なの?」など、この本の魅力をもっと知っていただくための情報をご紹介します。

 

試し読みができます!

下記特別ページにて、書籍の雰囲気を知ることができます。

実際の本の中身を試し読みできるコーナーもありますので、ぜひお立ち寄りください!

「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」特別ページ

 

 

筆者がこっそり教える・本の攻略方法(?)

この本は、WHOガイドラインをはじめとした各論文情報がもとになっていて、専門書並に内容が密なため、最初から全てを読破しようとすると、時間がかかりすぎるかもしれません。

そこで、特に時間が確保しづらい出産前後の女性のために、最小の労力でこの本の効果を最大にするための攻略方法を、こっそりお教えしたいと思います。

 

  • 初めて本を手にしたら

まずは、WHOガイドライン本文は飛ばして(!)、それ以外を、ぜひ一通り読んでください!

 

そうすることで、

「母乳育児に必須の知識には、こんなテーマがあったんだ!」

「こういう”常識”を信じていたけど、実は違ったんだな~」

という、今の日本で、母乳育児を快適にするために決定的に欠けている情報を、補充することができます。

WHOガイドラインの本文は、「サブタイトル・図・グラフ」程度をちらっと眺めていただければ十分です。

 

大きな声では言えませんが、もし、お知り合いの妊娠中の女性に本をプレゼントされる場合は、

「とりあえず第1章のタイトルと解説文だけざっと目を通して!WHOガイドライン本文は後回しでいいから!」

くらいの助言を添えてもいいかも?

 

妊娠中に、とりあえず第1章のタイトルと解説文に目を通しておくことで、

出産前後にまみれるであろう迷信の数々にも、

「え?ほんとに?」と立ち止まれる可能性がぐっと上がります。

 

 

  • 妊娠中の女性は

WHOガイドライン以外の文章に目を通したら、妊娠中の方は、出産直後に必要となる第1章(STAGE 1)を、改めて、一通り目を通していただけるといいなと思います。

実際に経験した方が分かりやすいテーマもあるので、今は詳しく読み込んで理解するより、なんとなく概要をつかんでいただければ十分です。

第2章と第3章は、余力がなければ放置してもいいです。

 

  • 母乳育児中の女性は

母乳育児が始まったら、タイトルや解説文を読んで気になったテーマや、今必要とするテーマを、改めて目を通していただけるといいなと思います。

 

目次から必要なテーマを探したり、

巻末のさくいんから気になるキーワードを探したり、

付録の「トラブル解決チャート」などから原因と対処法をたどったり、

とにかく本を開く回数が多いほど、悩みの根本解決へぐっと近づくでしょう。

 

この本一冊で、私が3-4年かけて探してきた膨大な情報の中核を得ることができるようになっています。

 

本で知識を得る

試す

効果があった/なかった

これでOK!/やり方を変えてみる

 

をどんどん繰り返して、皆さんそれぞれの母乳育児を最適化していけることを祈っています!

 

書籍購入方法

  • インターネット

Amazonにて発売中です。

「本を読んだくらいで母乳育児が楽になるわけないよね?体質の問題でしょ?」と信じている方々の、一人でも多くの方に手に取っていただけるよう、Amazonレビューもぜひお願いいたします。

※Amazonで購入しなくても、アカウントがあれば本の商品ページからレビューを書くことができます。

 

  • 書店

もし、書店で見つからなかった場合は、下記メモ(画面)を店員の方に見せて問い合わせていただくと、入荷してもらえる可能性が生まれるので嬉しいです。

書籍タイトル「ちょっと理系な育児」

出版社「京阪神エルマガジン社」

ISBN「978-4874354971」

 

書籍についての他の情報は、理系育児本からもどうぞ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る