なぜ授乳直後も泣く・いつまでもおっぱいを離そうとしないことがあるのか

母乳育児をしていると、赤ちゃんがおっぱいにしがみつくように、いつまでもいつまでも飲み続けることや、授乳してもう十分だろうと切り上げようとしたら、まだ足りないとばかりに泣き始めることがあります。

すると、聞こえてくるのが「おっぱい足りないんじゃない?」という迷信的アドバイス(!)です。

 

本当は、赤ちゃんは何をしているのでしょうか?(前回までの記事の続き)

 

<赤ちゃんの泣きと満腹>

著名な母乳育児の研究者 Michael Woolridge氏 によるコメント;

「赤ちゃんの泣きをどう解釈するか」は、その文化で信じられていることによって変わる。

 

満腹だ・満足したという感覚は、適切に栄養が補われた時に感じられるものである。

食欲のコントロールは、カロリー、特に脂肪分が影響しているようだ。

 

一般的に、「量が多いこと」が、重要な要因だと思われていることには、疑問がある。

例えば、授乳した後も赤ちゃんが落ち着かないと、「満足できるほどの母乳量がなかったのだ」と思われている。

そうではなく、ほんの少しなんだけど、赤ちゃんが脂肪分あるいはカロリーとしての摂取量が不足したので、満腹にはなれなかったのだろう。

 

<人工栄養が母乳栄養と決定的に違うこと>

●人工ミルク

カロリー密度が均一。

栄養素の摂取量と飲んだ量が比例する。

 

●母乳

授乳している間に、量自体は減っていく一方で、カロリー密度が上がっていく

カロリーの摂取量は、飲んだ量に対して曲線的に上昇する。

つまり、授乳が終盤に近づくと、赤ちゃんが摂取するカロリーは、飲んだ母乳の量に対して、あべこべになる。

 

授乳時間を制限して、脂肪分が十分に摂取できず(不相応にカロリー制限することになり)、赤ちゃんが泣いてしまうのを見た大人たちは、「授乳の仕方が原因」とは思わず、「お母さんの体」を非難することになるだろう。

 

<原文>

Lisa Marasco, BA, IBCLC and Jan Barger, MA, RN, IBCLC. Examining the Evidence for Cue feeding of Breastfed Infants

 

一番重要なポイント

ミルクは、カロリー摂取量と飲んだ量が比例する

母乳は、授乳が後半になると、カロリー摂取量と飲んだ量があべこべになる

 


「直母量」には出てこない母乳の底力!

直母量を量ってみると、長時間授乳しても、時間を決めて授乳を切り上げても、大して変わらないことが一般的なようです。

 

でも、赤ちゃんは、そのわずかな差、例えばたった10 gの母乳を必要としていたのかもしれないのです。

ミルクを基準にしていると、「たった10 gなんて」と思ってしまいますが、母乳の場合は「濃密な10 g」なわけなので、赤ちゃんにとっては、とても重大なものなのですね。

 

あと10 gだけ飲めれば満足できたのに、「決めた時間授乳しても満足できないなんて、母乳が十分に出ていないんだわ」と勘違いしてミルクを足してしまうお母さんは、ぞろぞろいるんじゃないかなと思います。

 

つまり、よくある疑問とその答えは、こうなります。

Q. いつまでもおっぱいにしがみつく場合はどうすればいいの?

A. そのまま飲ませてあげていいのです。

 

Q. 授乳直後にも欲しがって泣く場合はどうすればいいの?

A. もう一度、(反対の)おっぱいを差し出していいのです。

 


注意点

●新生児期や、低出生体重で産まれた赤ちゃん

寝ながら飲む場合など、授乳時間が1時間など、かなり長くなることがあります。

お母さんの負担を減らすために、タグポジショニングから、楽な授乳姿勢を探してみてください。

 

●毎回の授乳が30分以上かかる場合、あるいは、乳首に痛みがある場合

おっぱいのくわえかたが下手な可能性があります。

おっぱいへの吸着の仕方が悪いと、いくら長時間授乳しても哺乳量が増えません。→※授乳の間隔がこういう場合は黄色信号です

 

●赤ちゃんの体重が激増している場合や、しょっちゅう緑のウンチが出ている場合

母乳過多のため、脂肪分の少ない前乳しか飲めずに、満足感が得られにくくなっている可能性があります。

母乳の生産量をちょうどよくすることが根本解決になるかもしれません→※母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/12更新

関連記事

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る