授乳回数が多い子の離乳食の増やし方

特に離乳食(補完食)を始めたばかりの子どもは、1回の食事の量を増やしても、能力的になかなか食べきれない場合もあります。食事時間がかかり過ぎたり、途中で集中力が切れてしまったり。

現実的には、授乳ほど自由自在にとはいきませんが、補完食も、食べたい時に食べたいだけ食べさせればいいんじゃないでしょうか。WHOガイドラインを参考にした、一度にたくさん食べられない子どもの食事の増やし方です。

 

量の増やし方の例

食事回数:1日2回の場合

①1回の食事量は同じまま、1日3回にしてみます

②日によって活動量も体調も違うので、残すことももちろんあると思いますが、だいたいトータルでちょうどいい量が分かってきたら、3回に分けてあげていたトータル量を、2回に分けて与えます

 

例えば…

30 mLを1日 2回あげていた

足りなくなってきたら、30 mLを1日 3回に増やす

食べ方が少し上達したら、45 mLを1日 2回に分けてみる

 

しばらくしてこれでも足りなくなってきたら、

45 mL 2回

45 mL 3回

65 mL 2回

 

のように量を増やすと、舌の動きが未熟な赤ちゃんでも、無理なく必要な量が食べやすくなるかもしれません。

舌の動きが発達してきたら、もっと適当に量を増やしてみても、平気になるかもしれません。

 

※その日の体調や気分によって、以前より食べる量が減ることも当然あるので、量も回数も杓子定規にはいかないことを大前提に!

 

「うちの子は小食だな」と感じたとしても、授乳回数が多いから食べないのではなく、何か理由があって食事を好まないのか、もともとそのペースで十分な可能性もあります。まだ赤ちゃんなので、離乳食が始まった後も、授乳回数が多くても自然なことで、減らさなきゃと焦る必要はありません。補完食は、授乳直後に食べさせてもいいのです。

 

補完食の目的は乳離れじゃなくて栄養補給

WHOが推奨する補完食は、目的がシンプルで栄養豊富です。そもそも、なぜステップアップしなければいけないの?どんなものをどう調理すればいいの?など、基本的な話は第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものですが役に立ちます。食べない・アレルギー・マナーなど、離乳食の悩みを減らすには離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集をどうぞ。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」にも、自信を持って母乳育児をするための科学的知識が盛りだくさんです。

2017/5/13更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る