母乳育児をもっと柔軟にするヒント|母子分離

お母さんの仕事復帰や赤ちゃんの入院などで、直接授乳することが難しくなることがあります。

その際、「(本当は搾乳を届けたいけど)搾乳できる量が少なくて足りないだろうし、やめておこう」と、あきらめるお母さんも少なくないようです。

ゼロか100かではなく、母子それぞれのやり方があっていいと思うので、今回は、より柔軟な発想で、母乳育児との両立の負担を減らし、搾乳を有効利用するためのヒントをまとめます。

 

  • 搾乳をもっと楽にするために

搾乳するには、オキシトシン反射が欠かせません。

オキシトシン反射のことをよく知れば、搾乳への苦手意識が減るかもしれません。

 

オキシトシン反射を起こすには、大きく分けて

赤ちゃんや授乳をイメージする

乳頭の組織を伸ばす

と2つの方法があります。

 

例えば、赤ちゃん本人・写真・動画などを見ながら、声を聞きながら、思いだしながら、などなど、授乳をイメージするだけでも起こります。

時間や環境に制限がない場合は、これらを組み合わせることで、より効果的な反射を起こすことができるでしょう。

 

確実にオキシトシン反射を起こすコツは?

時間がなくても、赤ちゃんの動画や写真を見る余裕がなくても、いつでもどこでもオキシトシン反射を確実に起こすことができる簡単な方法があります→たった1分のコツで搾乳量を倍にする方法

他にも、基本的な搾乳の仕方から裏ワザまで、タグ#搾乳から、様々な役に立つ情報が探せます。

 

 

  • 左右の乳房をチェンジするタイミング

十分な時間がない場合

しっかり搾乳することよりも、できるだけ短時間で、効率よく搾乳することを目指した方法です。

①まずは、1-2分くらいずつ、両胸を搾乳する。

②その後は時間が許す範囲で、1分あるいはもっと短時間で、左右を往復して追加の搾乳を。

所要時間の目安:手動の搾乳器でおおまかに搾乳する場合、5分以下でも可能。(手でしっかり搾乳する場合の目安:左右5往復程度で20-30分)

※片方の乳房をしつこく長時間搾乳するよりも、何度も往復しながら搾乳する方が、短時間でたくさん搾乳できます。

 

 

  • 量をかせぎたい場合

十分な時間がない場合

・搾乳器を2つ準備して、例えばお昼頃と夕方頃に搾乳する。

・母子分離の時期があらかじめ分かっている場合、その前から搾乳を少しずつストックしておき、母子分離中に搾乳したものと合わせて利用する。冷凍母乳の保存期限は3ヶ月なので、3ヶ月前からストックを作り始めることができます

 

※労働基準法により、1歳未満の子どもがいる女性労働者は、1日2回の育児時間(30分~)を雇用主に請求することができるので、職場と相談してみるといいかもしれません。

 

 

  • 施設独自の保存条件が設定されている場合

搾乳の保存条件は、人によって考えが違うことが多く、施設によっては、とても厳しい条件が設定されているところもあります。

自由度が低すぎると、母乳育児の継続や、搾乳をする気を失くしてしまうこともあるので、もしも迷ったら、WHOによる保存期限を参考にしてみてもいいかもしれません。

 

<sumireの経験談>

例えば、私が利用している保育園は、冷凍母乳の使用期限が非常に短かった(24時間)ので、あえて搾乳日時を書き替えて、預けていました。

①搾乳当日:冷凍母乳パックの日付のみをフリクションペン(こすって消せるインクのペン)で記入しておく

②保育園に持っていく当日:冷凍母乳パックの日付をティッシュでこすって消して、油性ペンで期限内の日付を記入し直す

 

面倒ですが、納得できる理由もなく廃棄するのはもったいないので、規則を破れない保育園側と、冷凍母乳を無駄にしたくない母側の折衷案という感じです(保育園には内緒。何かあっても保育園には責任がないことを明示するために日付を書き換える。何もないけども)。

 

あらかじめ、預け先の機関に、搾乳の取扱い条件について、確認しておくといいでしょう。

その際、提示された条件を見て「こんなに面倒なら無理!母乳育児あきらめようかな!?」と思ったら、一度このブログに戻ってきてほしいなと思います。

搾乳を始め、母乳育児はもっと柔軟にできます

タグ#搾乳を参考に、自分たちに合ったやり方を考えてみてくださいね。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」にも、母乳育児を快適にするためのヒントが盛りだくさんです。

2017/5/13更新

関連記事

コメント

    • なっつい
    • 2016年 4月 04日

    この4月から息子(生後5ヶ月)を保育園に預けています。
    昼間は搾乳,夜は直母で分泌は維持できそうなのですが,
    保育園が冷凍母乳を受け付けてくれないのがとても残念です。
    ですが,
    こちらのブログ過去記事などを参考に,朝晩・週末母乳育児を,
    できれば2歳くらいまで続けて行きたいなと思ってます。
    引き続きブログ楽しみにしています!

    • コメントありがとうございます!
      冷凍母乳を受け付けてくれない保育園なんですね。
      栄養法は乳児にとって重要なテーマなのに、保育園ごとに対応を任せている現状は、遅れてますよね。

      いろいろ不自由な点はある中でも、自分たちのペースで行けるように応援しています!
      (ちょうど今、厚労省が保育制度についての意見募集をしているので、要望を出してみてもいいかもしれませんね)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る