たった1分のコツで搾乳量を倍にする方法

ほとんど搾乳できない、とにかく時間がかかる、など、「搾乳が苦手だな」と思っている方に試してもらいたい、とっても簡単に搾乳量を増やす方法です。

 

搾乳量はオキシトシン反射の強さ次第

母乳は、母乳が溜まっている無数の小さな水風船のようなものがギュッと縮むことで、出てきます。

この、ギュッと縮ませる役目を果たしているのがオキシトシンです。

脳からオキシトシンがバンバン放出される(=オキシトシン反射)と、射乳が起こって搾乳量が増え、オキシトシン反射が全く起こらないと、全く搾乳できないこともあります。

 

搾乳は、科学的知識で楽になる!

痛い・搾れないのは、やり方が良くないかもしれません。

搾乳のやり方や、保存期限などの基礎知識は、タグ#搾乳をチェックしてみてくださいね。

 

 

確実にオキシトシン反射を起こす方法

①手をパーの形にする

②全部の指の腹が乳頭の先端に触れる程度に、乳首をさっさっと、軽くなでる

oxitocin_reflex

(昔ちらっと読んだだけなので情報元が不明瞭なのですが、ヨーロッパの搾乳関係の資料参考)

 

<ポイント>

・速さ:上下に1秒間に1往復程度のペースでOK

・強さ:軽くさっさっとするだけで効果がある

(赤ちゃんが射乳を起こすために素早く吸てつする様子に、似た条件が再現されます)

 

・オキシトシン反射がしっかり起こるまで続ける

(途中で止めてしまうと、弱い反射で終わる可能性あり)

 

・乳頭への刺激が不快なら:「数秒さっさ→休憩→数秒さっさ」を繰り返してもOK

(刺激が少なすぎると反射が遅くなる・弱くなる可能性あり)

 

 

射乳が起こるまでにかかる時間は?

射乳が起こるまでにかかる時間を研究した論文によると、授乳開始してから早い人で4秒後、遅い人で1分半後に起こったそうなので、だいたいこのくらいの時間(30秒~1分くらい)を目安に続けます。

射乳感覚がない?普通です!射乳反射の起こり方

 

オキシトシン反射が起こると、よく注意したら、「乳房にチクチクした痛みを感じる」などのなにかしらのサインがあると思います。

でも、反射が起こっても全くサインに気づけない場合もあるので、その時は30秒くらいたったら搾乳してみる→うまく出てこなければもう少し続けてみる(→繰り返す)

 

 

なかなか射乳が起こらない?

オキシトシン反射は、母親の感情にも影響を受けやすいようで、強いストレスや疲労を感じていると、反射が起こるまで長い時間(例えば5分とか)かかったり、弱い反射で終わったりする可能性もあります。

 

たとえば、初めて職場で搾乳した、時間がなくて焦っている、赤ちゃんが急に入院して搾乳が必要になった、などでも、普段より反射が起こりにくくなる可能性があります。

これを克服するには、お母さんがリラックスできるように、状況や環境を整えられるのが一番です。

(が、現実はそんなに甘くないこともあるので、サバイバルな方法としては、いつでも平常心を保てるくらい作業に慣れておく、あるいは経験を積むことが確実です)

 

※もともとオキシトシン反射が強い方は、この技を使っても、あまり変化がないかもしれません。

※空になるまでしぼったとしても、その総量は、個人によっても、タイミングによっても、バラバラになります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る