隣に寝ればいいわけじゃない|添い乳のコツ (図解)

「赤ちゃんを隣に寝せて、おっぱいをくわえさせるだけ」と思われていた添い乳にも、

「寝た状態ではおっぱいをくわえさせることができない」

「効率よく母乳が飲めない」

などの問題が起こりやすいことが分かりました。おっぱいへの吸着が得意じゃない赤ちゃんでも、上手に添い乳するコツをまとめます。

WHOによると、寝そべって授乳するやり方は帝王切開後にもやりやすいようです。

 

やり方

※右乳を授乳する場合を例にします

1.赤ちゃんをあお向けに寝せます

2.赤ちゃんの左隣に寄り添い、右乳を上の方から近づけてくわえさせます

おっぱいを上の方から近づけることで、重力を利用して深く吸着させやすくなります。

Fig.44

 

3.自分が寝そべるのと同時に、赤ちゃんの胸の部分を、背中側から抱き寄せる(90度回転させる)

 

fig.45

 

完成:赤ちゃんの顔とおっぱいが正面を向き、赤ちゃんはあごをあげておっぱいに密着しながら効率よく母乳が飲める

Fig.46

 

 

天井から見ると、お母さんと赤ちゃんでVの字を描くように、しっかり赤ちゃんのお尻を抱き寄せます(下図)。

Fig.25

・かけ布団をたぐり寄せて赤ちゃんの背中が倒れないように支えにすると楽かもしれません。

・赤ちゃんの布団側の腕は「ばんざい」でも「気を付け」の形でも、やりやすい体勢でいいと思います。

・お母さんの布団側の腕も、ばんざいでも、前に投げ出しても、赤ちゃんに腕枕をしても、やりやすい体勢でいいと思います。

・お母さんの頭は枕でしっかり首の付け根から支えられると、楽かもしれません。首・肩・腰などが痛くなる場合は、姿勢が良くないです。頭の支え方(高さ)や腕の置き場所などを変えてみてください

●注意●

赤ちゃんが自分で頭を動かせるように、頭は固定しない

赤ちゃんの背中をクッションなどで支える場合、頭まで固定してしまうと、万が一窒息したときに頭を動かせず危険です。

睡眠を伴う状況では、毎回、安全性を確認します。

 

参考:正しい授乳の姿勢

 

おまけ:寝たまま両乳を授乳するやり方

※右乳に続いて左乳も授乳する場合

1.赤ちゃんをあお向けに寝せます

2.隣に寝そべったまま、左乳を上から近づけてくわえさせます(赤ちゃんの顔をちょんちょん触って、顔を乳首の正面に向かせる)

Fig.47

fig.48

 

3.そのまま寝そべりながら、自分のお腹を赤ちゃんにぴったりとくっつけ、胸を張るイメージで自分の背筋を伸ばして完成

Fig.49

※天井から見た図

 

背筋を伸ばすことで、赤ちゃんはあごをあげておっぱいに密着して飲みやすくなります。赤ちゃんの顔が良く見えると良いサイン。

 

あまり良いポジショニングではないので、あくまでおまけです。夜間など、わざわざ起き上がって授乳するのが大変なときに有利です。お母さんの体格によっては難しいかもしれません。

 

最後に

何度も何度も同じ向きで添い乳を繰り返すと、母乳の流れが悪いところが生じて乳管の詰まりの原因になるかもしれないので、慣れるまでは時々赤ちゃんを寝せる側を左右入れ替えるといいと思います。

 

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」に、母乳育児の悩みやトラブルを根本解決するための情報がまとめられています。

 

※この記事は現時点でのsumireの知識・経験・考察をもとに書いているので、今後知識や経験が増えるにつれて情報を更新する可能性があります

2017/5/13更新

 

理系育児_母乳育児編

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る