乳糖不耐症?過飲症候群?たそがれ泣き?|見分け方

赤ちゃんがしょっちゅう泣いておっぱいを求めたり、吐いてもまだ飲みたがったり、下痢が続いていたり、常に落ち着きがなかったり…

母乳を飲ませすぎなの?足りないの?と悩むお母さんも少なくないようです。

まずは、その症状の原因を見極めましょう。

 

タイトルの3つの徴候は、似ている部分もあり、判断が迷うところです。

「赤ちゃんがしょっちゅう泣く/ 激しく泣く」のが共通した症状です。

 

「乳糖不耐症」は、原発性のものは哺乳類として本当に珍しく、「乳糖の過負荷」が原因となる二次性のもの(改善可能なもの)がほとんどです。

乳糖の過負荷は、消化管がダメージを受けた場合(感染症など)や、おっぱいを飲むときに、脂肪分が適切に摂取できなかった場合に起こりやすくなりますが、改善可能なものです。

 

●乳糖過負荷の赤ちゃん

  • 体重が増えない
  • 過剰なおなら
  • 水っぽい便を、豪快な音を立てて頻繁にする(軽い場合は黄色、重症になると緑色に)
  • コリック(腸内で大量生産しているガスのせいで泣く)
  • 落ち着きがない
  • 酸によって肛門がただれる
  • 粘液の混ざった便

→後乳が十分に飲めていないために、乳脂肪分のバランスが悪く、消化しにくくなっている(過飲症候群が原因の場合も)

 

※一般的に信じられている話と違って、授乳中に空気を飲むだけでは、おならが増えたり、コリックの徴候が出たりというような、臨床的な相関関係はなかったとか。

 

●過飲症候群の赤ちゃん

  • 最初はものすごい勢いで体重が増える
  • その後、体重の増えが悪くなる
  • 母乳を吐く
  • たそがれ泣き(コリック・疝痛)のように泣く
  • 頻繁にゆるい便をする
  • 便は泡状だったり緑がかっていたりすることもある

→お母さんの母乳過多が原因で、前乳と後乳の飲み方がアンバランスになっている(そのせいで乳糖過負荷になっている可能性も)

 

●たそがれ泣きの赤ちゃん

  • 「授乳しても泣きやまない」
  • 赤ちゃんは順調に成長している
  • 決まった時間に泣くことが多い

→これは現在のところ原因不明で、月日が経てば自然に治まることだけは明らか。

授乳したり抱っこしたりすればすぐ泣きやむなら、それは「たそがれ泣き」ではないのかも。

 

※たそがれ泣き(コリック・疝痛)について研究した、IBCLCで看護師のMarie Davisさんによると、一般的に「たそがれ泣き」と思われていた症状の、95%ほどは過飲症候群が原因だったとか(つまり、親子で我慢するべきものじゃなくて、対処すれば改善するってこと)。

 

これら3つに共通しうる原因の「母乳過多・過分泌」について、詳しくは↓

母乳過多・過飲症候群・乳糖不耐症まとめ|原因と対処法

記事内容だけでは解決できなかった様々な悩みが寄せられている、経験談(母乳過多)も参考にどうぞ。

 


母乳過多・過分泌に関する記事は、以下を参照して書いていきます。

1. 搾乳していいの?過分泌の原因と対処法

 

2. Caroline GA van Veldhuizen-Staas, Overabundant milk supply: an alternative way to intervene by full drainage and block feeding. International Breastfeeding Journal 2007, 2:11

 

3. M.W. Woolridgea, Chloe Fisherb. COLIC, “OVERFEEDING”, AND SYMPTOMS OF LACTOSE MALABSORPTION IN THE BREAST-FED BABY: A POSSIBLE ARTIFACT OF FEED MANAGEMENT? The Lancet, Volume 332, Issue 8607, 13 August 1988, Pages 382–384

 

4. Robyn Noble, Anne Bovey. Resolution of Lactose Intolerance and “Colic” in Breastfed Babies. presented at the ALCA Vic (Melbourne) Conference, 1997

 

5. La Leche League International (LLLI)のHP (Oversupply)

2017/1/25更新

関連記事

コメント

    • まなみ
    • 2015年 12月 10日

    コメント内容はこちらに移動させていただきました
    おしりかぶれ・吐き戻し・授乳タイムが怖い(生後52日)

    ●キーワード
    薬を使っても改善しないおしりかぶれ
    吐き戻し
    赤ちゃん主導の授乳ではうまくいかなかった
    乳首の痛み
    オナラ
    ウンチをする時のいきみ

    • 入院や吐き戻しなど、とても大変でしたね。
      いただいた内容からは、過飲症候群の症状が重いように見受けられるので、【時間割授乳】に変えてみられるといいかもしれません。
      たとえば、30分以上飲むのはいいとして、その1-2時間後に欲しがったら、さっきと同じ乳房から授乳します(詳しくはリンク先をご覧ください)。
      やってみて不安な点などあれば、またコメントくださいね。

        • まなみ
        • 2015年 12月 15日

        アドバイス頂いてありがとうございます!
        あれから、さっそく時間割授乳を始めたのですが、30分〜40分ぐらい乳首から離してくれないにも関わらず1〜2 時間ですぐに欲しがってしまいます。欲求に応えてあげたいのですが、私の方が吸われすぎて乳首が痛くて離してしまっています。最後の方は、なんとなく口さみしくて遊んでる感じがあるような気がするのですが…遊んでると思ったら離して良いものなのでしょうか?

        あと、左右差が少しあるのが気になります。特に右側があまり出ていないのか、よく引っ張られます。そのためか白いプチっとしたものが乳頭に出来てしまい、今日の朝授乳中にあまりに痛いのでみると血まめになってしまいました。(その時の吐き戻しが血が混じってました…)
        そのため今日は左側で頑張ろうと思うのですが、左をあげると時々咳き込みがあるので、やや心配です。

        体調の変化なのですが、おしっこはしっかり出てオムツがずっしりするようになりました。便もだいぶ良くなりお尻かぶれも、かなり改善されました。しかし、イキミが増えて、オナラが増えてしまいました。ウンチをする時もかなり苦しそうにしたり、寝てるときにウンチが出ると大泣きしたりしてしまいます。吐き戻しもまだ残ってます。やはり飲み過ぎの影響なのでしょうか?

    • まゆこ
    • 2017年 7月 24日

    はじめまして。
    いつも参考にさせてもらっています。
    乳糖不耐症について教えてください。
    1歳4ヶ月の子供に乳糖不耐症が疑われる症状があり、7日たちますが症状が改善しません。
    2歳以降までなるべく長く授乳を続けたいと考えていたので、1歳過ぎてからの乳糖不耐症は断乳をすすめられることが多いと聞いて受診をためらっています。
    自力で直せないか調べたところ、乳製品を毎日少しずつ摂取させる、母親が卵大豆乳製品を除去した食事をして授乳する、などありましたが、根拠がはっきりしない感じです。
    乳糖不耐症は自然治癒は難しいのでしょうか。
    下痢する以外はとても元気なので、このまま様子を見ていていいものか悩んでいます。

    • はじめまして。
      乳糖不耐症の症状が長引いているんですね。その原因が改善できれば自然治癒できるんじゃないかなと思いますが、何か心当たりはあるでしょうか。
      赤ちゃんのウンチの情報によると、消化管のダメージが回復するまでに最長6週間ほどかかるとのことなので、原因を改善できてからも、しばらく軽い下痢が続く可能性はあります。

    • 2017年 10月 06日

    こんにちは。
    母乳育児で悩んでサイトを読み漁ってたらこのサイトに行き着きました。
    本も読み、本当に助けられました。産婦人科じゃ教えてもらえなかったことばかりで、もっとこれから出産する人に読んでもらいたいと思いました。

    片方ずつの授乳を初めて1ヶ月(完母)ほとなりますが、ここ2~3日母乳過多になったのではないかと感じています。
    ・添い乳以外でむせる
    ・緑っぽい便、水っぽい、泡がでる
    ・飲んだあとも機嫌が悪い
    ・飲ませたあとなのにおっぱいを欲しがる
    ・夜中3時間あいたらカッチカチになる
    ・夜中おっぱいが漏れる(夜中は寝てくれる)
    ・飲ませたあとうなる(夜中)

    前々から便の状態とうなるのはあったので母乳過多なのではと思って時間割授乳をしようかとも考えたのですが、体重は順調に増えていて違うのかなとも思えてやれずにいます。

    うなるのはゲップが出ていないからかとも考えたのですが、ゲップについては何もかかれておらずどうなのでしょうか。
    添い乳した後、寝た後はできればそのまま寝ていて欲しいのですがゲップは出させた方がいいのでしょうか。

    眠くてくずる時おっぱいで寝かせつけているのですが浅いすい方は母乳過多になりますか。

    最初は深く吸い付いてくれていたのに段々浅くなり、加え直させても浅い飲み方でそれでも外すまで飲ませた方がいいでしょうか。

    ゴクゴクのんでいる途中でチュパチュパ→コクコクを繰り返します。加え直させても授乳ポジションを変えても変わりません。このまま飲ませてもいいでしょうか。

    質問が多くなってしまいましたが、どうか教えてください。

    • こんにちは。本もご購入くださったとのこと、ありがとうございます。
      さて、コメントを拝見する限り、母乳過多の可能性が高いと思われるので、時間割法を試してみられてもいいんじゃないかなと思いました。
      また、ゲップは、腸で発生したガスがたまって苦しいのかもしれません。つまり、母乳過多がおさまれば、いつの間にかなくなっている可能性があります。

      浅い飲み方で、乳首の痛みや体重増加不良があれば改善した方がいいかもしれませんが、そうでないなら様子を見てもいいかもしれません。

      「ゴクゴクのんでいる途中でチュパチュパ→コクコク」がどんな状態か想像でしかないですが、集中した哺乳と、いわゆる遊び飲みを繰り返しているのなら、オキシトシン反射のインターバルをやり過ごしていたりちょっと休憩をはさんでいたりするだけかもしれないので、そのまま続けて問題ないんじゃないかなと思います!

        • 2017年 10月 06日

        コメントありがとうございます。
        やってみます。
        そこで疑問なのですが、2時間だと8時から右のおっぱいを授乳し始めたとしたら、10-11時くらいまでは赤ちゃんがおっぱいを欲しがるたびに、右のおっぱいばかり授乳
        とありますが、10-11時に寝てしまった時は起きた時に左のおっぱいから始めればいいのでしょうか。

        • いいと思います!
          赤ちゃんの哺乳パターンやおっぱいの様子に合わせて、やり方は適宜工夫してみてくださいね。

    • 2017年 10月 06日

    追伸 ごめんなさい。
    生後54日女の子母親です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る