「赤ちゃん主導の授乳」が辛い場合

前回の記事で、「赤ちゃんの要求に応えるだけ」という、とてもシンプルな方法なのに、なかなか実践するのが難しい・不安になってしまう、よくある原因と対処法を書きました。

 

今回は、赤ちゃん主導の授乳を実践していく中で起こった、様々な困難に対処する時に、一番大切なことを書いてみます。

 


ちょっと無理!と思ったら、「授乳の不安と切り離して」対処する

「赤ちゃん主導の授乳が優れている」といっても、現実世界では、例えば「腕が限界!」「時間的に限界!」などの問題が生じることも、あるかもしれません。

その場合は、あくまで、「赤ちゃん主導の授乳をしていれば、十分な母乳を飲むことができるんだ。自分はうまくやれている」ということを頭に叩き込んだ上で、それぞれ対策をとることをオススメします。

 

例えば、赤ちゃんがいつまでもおっぱいを離さない場合に、

パターンA:「あとほんのちょっと飲みたいだけだと思うけど、私の腕が限界だから、ちょっとごめん!ストレッチさせて~!」

というようなこと。

 

全く同じ状況でも、

パターンB:「母乳が足りないのかな…いつまで飲み続けるんだろう…もう腕が痛くて辛い…(涙)」

とは、雲泥の差!なのです。

 

端的に言うと、パターンAの場合は、赤ちゃんを信頼して任せているので、悩みは「腕の痛み」のみ。

 

パターンBの悩みは、「母乳不足感・子どもが順調に育っているかの不安・自分のやり方がこれでいいのかという迷い・腕の痛み・この大変な状況がいつまで続くのかという不安etc.」と、かなり深刻。

そうなってしまうのは、「こうあるべき」という様々な迷信的アドバイスに、大きな影響を受けているからかもしれません。

 

パターンAの場合は、これから困難なことがあっても、悩みながらも、自信を持って対処していけるでしょう。

でも、パターンBの場合は、もしかしたら、不安とストレスで母乳育児を止めてしまうかも。

 

考え方(知識)や身に付けたセンスによって、困難の大きさが全く変わってくるのも、育児の本質なのかもしれません。

 

※ちなみに、授乳が肉体的に辛い場合は、授乳の姿勢(ポジショニング)や、おっぱいのくわえ方がよくない可能性が高いです。

 


いつの間にか「迷信的アドバイスが悩みの源に」なっていないか注意!

どんなときも、「赤ちゃん主導の授乳をしていれば、十分な母乳を飲むことができるんだ。自分はうまくやれている」ということを、忘れないでください。

実際は、母乳育児そのものの困難さよりも、迷信的アドバイスによって、悩みが増えたり深まったりしてしまうことが、とっても多いのです。

 

周囲の専門家も、家族も、育児本も、いろんな迷信的アドバイスをちらつかせてくるかもしれないけど、おっぱいに関しては、赤ちゃんが最も優れた専門家なのです。

 

例えば「母乳は足りてるのかな?」と不安に思ったら、育児本などの情報と比べるのではなく、自分のおっぱいに聞くのではなく、赤ちゃんに任せてみれば、授乳回数や授乳時間を微調整しながら、生産量もちょうどよくしてくれるのです。

自分の赤ちゃんより、自分のおっぱいに精通している専門家は、この世にいないってこと!

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る