射乳反射にも個性がある|人と違っても当たり前!

射乳反射(=催乳反射、オキシトシン反射)を感じないから、または、聞いた話と違うからと、母乳が十分に出ていないんじゃないかと不安になっていませんか?

 

そもそも、射乳反射というのは、母乳が分泌される現象ではなく、溜まっていた母乳が外に押し出される現象です。

授乳をすれば、誰でもほぼ起こるのです。

 

起こり方は、毎回の授乳によって、多少、違いがあるようです

 

<研究内容>

オキシトシンの働きで射乳が起こると、乳腺葉から母乳が押し出されるので乳管の内圧が上がり、乳管は太く短い形に変形することで、拡張する。

乳管の形態学を超音波イメージングで解析することで、射乳の生理学を調査した。

 

<極端な反応が見られた例>

乳管が1回だけ、231秒拡張し続け、赤ちゃんは140 gもの母乳を飲んだ例があった。

その一方で、乳管が3回、合計270秒拡張した割に、赤ちゃんが飲んだ母乳は100 gだった例もあった。

つまり、直母量は、乳管の拡張の仕方や、最大の直径のサイズとは関係なかった

 

ある女性は、3.5分間授乳しても乳管の変化がなく、直母量も5 gのみだった。

でも、この女性の他の授乳を調べると、乳管の変化があり、直母量はそれぞれ6065115 gもあり、24時間トータルでは674 gと標準的な母乳生産量だった。

つまり、射乳が起こらなかった場合は、直母量は少なくなってしまうことが示唆される。

 

オキシトシン反射に応じて、短時間に数多くの射乳が起こりうることは明らかである。

実際に、私たちは3分間に3回の乳管拡張を観察した。

短時間でたくさん哺乳する赤ちゃんは、頻繁に射乳を起こす刺激を与えていることが考えられる。

 

<原文>

Ramsay DT et al. Ultrasound imaging of milk ejection in the breast of lactating women. Pediatrics, 2004, 113:361–367.

 

射乳の起こり方は、それぞれの授乳によって、多少、違うのですね。

1回の授乳で、どのくらいの間隔で、何回起こっているかは、気にしなくて大丈夫です。

 

本文より、射乳反射と授乳の様子を調べると、こういうことが分かったそうです。

  • 哺乳量・射乳時間・授乳間隔・授乳歴とは関係ない
  • 24時間トータルの母乳の生産量と哺乳量とも関係ない
  • 射乳反射は、母乳の生産状況や、赤ちゃんの食欲とは関係なく起こる
  • 射乳反射が起こる回数は、授乳の度に違う。

 

つまり、一番重要なことは、授乳1回分の直母量も、射乳反射の回数も、その時々によって、多少、差があるけれど、

「赤ちゃん主導の授乳をしていれば、24時間トータルの哺乳量は足りるようになっている」

ということでしょう。

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

オキシトシン反射って何?どうすれば起こせるの?など、さらなる情報は、射乳反射から知ることができます。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る