射乳反射は、母乳の生産量の目安にならない

授乳中、ツーンとしたりチクチクとしたりするような感覚を1回だけ感じる女性や、2回以上感じる女性、あるいは全く感じない女性もいます。

でも、それと、射乳反射(催乳反射)が起こっているかどうか、母乳が出ているかどうかは、あまり関係ないのです。

 

射乳反射の起こり方は、「個人によって差があるというよりは、授乳するたびに、多少差がある」ようです

 

<研究内容>

オキシトシンの働きで射乳が起こると、乳腺葉から母乳が押し出されるので乳管の内圧が上がり、乳管は太く短い形に変形することで、拡張する。

乳管の形態学を超音波イメージングで解析することで、射乳の生理学を調査した。

 

<結果>

乳管が拡張する持続時間は、毎回の射乳や、授乳や、個人によってあまり差がなかった。

 

授乳中に、乳管直径がどれだけ大きくなったかは、哺乳量・射乳時間・授乳間隔・授乳歴とは関係なかった。

また、24時間トータルの母乳の生産量と哺乳量とも関係なかった。

つまり、射乳反射は、母乳の生産状況や、赤ちゃんの食欲とは関係なく起こることが示唆される。

 

射乳反射が起こる回数は、授乳の度に違った。

 

複数回射乳が起こっていた授乳のうち、39%は赤ちゃんは食欲に応じて射乳中に哺乳をやめていた。

 

<結論>

  • 飲みきれなかった母乳は、射乳が終わってから乳管の奥の方へ逆流する現象が見られた。
  • 授乳中に射乳が複数回起こることは一般的(74%)に見られること。
    しかし、ほとんどのお母さんは気付くことができない。

  • 超音波画像診断は、授乳がうまくいかない女性に、射乳が起こっているかチェックするための有力なツールにもなる。

 

<その他>

授乳開始から5分間の乳管の直径は、日を変えて計測しても大きな差はなかった。

太い乳管(4.2- mm)、細い乳管(1.9 -mm)

授乳前の乳管直径は2.49±0.84 mm

 

月齢1-6カ月の赤ちゃんを、赤ちゃん主導の授乳の仕方で完母で育てているお母さんの直母量

左の乳房73±26 g、右の乳房76±29 g

24時間トータルでの授乳量は779±181 g

 

<原文>

Ramsay DT et al. Ultrasound imaging of milk ejection in the breast of lactating women. Pediatrics, 2004, 113:361–367.

 

<ポイント>

  • 射乳反射は、母乳の生産状況や、赤ちゃんの食欲とは関係なく起こる
  • 一般的に、1回の授乳で射乳反射は複数回起こっているけど、ほとんどの女性は気づけない

 

つまり、

「ツーンとした感覚がない」=「母乳の生産量が少ない」

「射乳感覚を1回しか感じない」=「それ以上授乳しても母乳は出てない」

という判断方法は、全く的外れだった!ということですね。

 

射乳反射は母乳の生産量(溜まっている量)に関係なく起こるものだし、気づけなくても普通だし、お母さんは何も感じなくても、母乳は出ているのです。

 

また、4割の授乳では、何回目かの射乳反射が起こっている真っ最中に、赤ちゃんは満腹になって哺乳をやめているんですね。

つまり「赤ちゃんが飲むのをやめた」=「もう母乳は空っぽ」じゃない!のです。

 

WHOのガイドラインによると、乳房は授乳直後でも、完全に空っぽになることはないそうです。

赤ちゃんが飲むのをやめると、残りの母乳は再び奥の方へと戻っていくのですね。

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

オキシトシン反射って何?どうすれば起こせるの?など、さらなる情報は、射乳反射から知ることができます。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」には、母乳育児の悩みを根本解決させるための情報がまとめられています。

2017/5/13更新

 

関連記事

コメント

    • sc
    • 2017年 12月 23日

    こんにちは。母乳過多と赤ちゃんの便秘で悩んでいます。いくつか相談させて下さい。

    現状、授乳回数は1日7〜8回程度で、1回にかかる時間は短い時で10分、長い時で30分ぐらいです。
    赤ちゃんは2930g→1ヶ月検診4263g→1ヶ月19日5450gと体重が増えています。
    助産師さんから過度な体重増加を指摘され、便秘も過飲症候群の1つであると言われました。他にも唸る・大量に吐く・お腹の張りなどがあります。綿棒浣腸で便を出しています。色は鮮やかなオレンジ色や、やや緑がかったオレンジ色です。

    ・赤ちゃん主導の授乳を心がけて、母乳過多は落ち着いたものの、おっぱいの左右のバランスが悪く右の方が良く出るようなりました。左から飲ませてバランスをとろうとしていたのですが、左だけでほぼ満足するようになりました。右はとりあえず飲んでみるという感じで、3分ほどで離してしまいます。左の生産量が増え、左だけで足りるようになったのか心配になってきました。
    ・右は授乳回数や時間が短い射乳反射が強く、赤ちゃんが授乳の度にむせてしまいます。授乳していない時にも時々射入反射の感覚があり母乳が漏れる、左を飲ませていると右から母乳が漏れる等もあります。射入反射が強いとまだ母乳過多だと思っていたのですが、母乳の生産状況に関係なく起こるのであれば、飲んだ後におっぱいがふにゃふにゃ(やや重い感じは残るものの張りはなくなった状態)になっていれば過多でなくなったのか、よく分からないです。
    ・おっぱいは落ち着きつつあるものの、赤ちゃんが過飲症候群の様子であれば、まだまだ母乳過多が続いているのかも判断がつかないでいます。とにかく便秘を解消したいのですが、過飲症候群の対処をどうすれば良いのか困っています。

    うまくまとめられず、分かりにくい文章になってしまい申し訳ないのですが、今後の授乳をどうすればよいのかアドバイスをいただきたいです。よろしくお願いします。

    • sc
    • 2017年 12月 23日

    追記です。
    ・赤ちゃん主導の授乳は産後2週間後からやっています。おっぱいが欲しそうなサインも見ていたつもりですが、なぜ過飲症候群になってしまったのか…赤ちゃんも満腹中枢が働いて満足すれば飲まなくなると思っていたので、飲み過ぎがなぜ起きるのでしょうか。
    ・片方のおっぱいで満足した様子であれば、もう片方を試しに飲ませてみるのはやめたほうが良いのでしょうか。今は片方が済んだ後、オムツを替えたりげっぷをさせたりしてからもう片方を試しに出しています。

    • こんにちは。
      母乳過多のサインは落ち着いてきたけど、まだ赤ちゃんの様子から、どちらか判断に迷っていらっしゃるんですね。
      コメントから推察するに、かなり母乳過多だと思われるので、根本的解決法か、時間割法を試してみてはいかがでしょうか。

      また、便秘と哺乳量は関係ない可能性があるので、今後も付き合っていく必要があるかもしれません。

      細かい疑問は、母乳過多の経験談がお役に立てるかもしれません。

        • sc
        • 2018年 1月 12日

        先日は返信ありがとうございました。アドバイスをいただいたのに、年末年始のバタバタでお礼を言うタイミングを逃していました。
        体験談を全て読み、時間割法を試しました。おっぱいも落ち着き、赤ちゃんの便秘も解消されつつあります。本当にありがとうございます。

        そろそろ赤ちゃん主導の授乳に戻せるかなと思うのですが、自信がないのでアドバイスをまた頂ければありがたいです。
        ・赤ちゃんの様子
        年始から授乳回数が5回〜6回に減り、夜間授乳がなくなりました。日中は3時間〜4時間か時々2時間半間隔ですが、夜は7時間〜9時間空いてしまいます。体重は前回の1ヶ月19日5450g→2ヶ月11日5860gでした。便秘は少しずつ解消されて、全く出なかったのが時々自力で出せるようになってきました。でもまだ授乳後に大量に吐くのはあります。
        ・おっぱいの様子
        3時間ごとの時間割を始めて、日中は片方が6時間程度授乳がなくとも辛くなくなりました。でも、以前あった夜間の授乳一回がなくなった為に、片方を12時間近く放置(例:右15時→左19時→右3時)することになり、さすがに辛いです。一回の授乳で時間は左右ともに15分〜30分ぐらいに延びました。もう母乳はないのではと思うほどふにゃふにゃになります。射乳反射は変わらず強いです。赤ちゃんに飲ませる時は一度口を離すようにしたところ、むせる事がなくなりました。母乳が漏れることもかなり減りました。
        《質問》
        ①赤ちゃん主導の授乳に戻しても良いと思われますか?
        ②夜間授乳や授乳回数の記事を読みました。授乳回数が5〜6回は少なすぎるとして、私の場合でも夜間に一回は授乳した方が良いと思いますか?また母乳過多にならないか心配です。
        ③赤ちゃんの体重の増え具合は要注意な感じでしょうか?急に増えなくなるのは過飲症候群の記事にもありましたが、こんなに急に増えなくなるのかとまたこれも心配しています。

        またたくさん質問してしまい申し訳ないのですが、よろしくお願いします。

        • 経過報告をありがとうございます。
          母乳過多がおさまったとのこと、よかったですね。
          ①赤ちゃん主導にして、飲みすぎる様子などあれば、一時的に根本解決法や時間割法を試してみるなどいかがでしょうか。

          ②そもそも時間割法は、「3時間おきに授乳する」などではなく、「3時間の間は同じおっぱいから何度でも授乳してOK」というもので、授乳回数を増やすこと自体が母乳過多につながるわけではありません。
          10回でも15回でも授乳して大丈夫です。

          ③今後も体重推移は注意が必要です。これまでが増え過ぎていたので、それが落ち着いてきたのか、過飲症候群のせいか、授乳回数が少なすぎるために成長が遅くなっているのか分からないので、今後、妥当な成長曲線を描いていくか、経過観察されてみてはいかがでしょうか。基本は一カ月おきに体重を記録していきますが、私だったら、心配な間は一週間おきに量って、「増えなかった場合は黄色信号」として、意図的に授乳回数を増やすかなと思います。

            • sc
            • 2018年 1月 13日

            お忙しい中返信ありがとうございます。
            ひとまず赤ちゃん主導にしてみようと思います。体重推移もやはり注意が必要ですね。
            時間割法ですが、赤ちゃんが欲しがったら何度でもと記事にあったので、欲しがる様子があれは3時間以内に数回飲ませていました。でもいつのまにか3時間程度では欲しがることがなくなり、前回の質問の状況になっています…。やり方は合っていますか?赤ちゃん主導からまた戻すか分からないけど、もし間違っていれば教えて頂ければ幸いです。

          • 赤ちゃん主導の授乳はそれで合っています!
            ただ、眠りがちの子など、「赤ちゃん任せにすると、そもそもおっぱいを欲しいサインを出さなかったり、控えめで気付きにくかったりする」ことがあるので、成長が順調じゃない場合は少し大人がリードしてあげる必要があるかもしれません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る