仕事復帰する前に、授乳の間隔を空けておくべき?

今までは、いくら頻回授乳でも、お母さんと一緒だったので、好きなだけ飲むことができたけど、仕事復帰すると、そうはいかなくなります。

では、保育園や、誰かに預けるために、授乳や生活リズムのスケジューリングはしておくべきなのでしょうか?

 

私が仕事復帰したとき、とても心配だったので、以下に、sumireの経験談を書いてみようと思います。

 

●預ける前の子どもの様子

まとめてお昼寝できず、布団でもほとんど寝れず、抱っこしたまま短時間睡眠を繰り返す感じ。

頻回授乳タイプで、月齢問わず、1時間おきなんてこともザラ。

保育園に預けたら、補足は基本的に3時間おきになるので、お腹が空いて耐えられないんじゃないか?一度にたくさんの量は飲めないんじゃないか?などと、とても心配。不安でいっぱいでした。

 

●保育園に預けた後の子どもの様子

最初はスムーズにいかなかったみたいだけど、先生方が道具ややり方など工夫してくださって、すぐに、離乳食と、補足と、一人前に食べられるようになって安心しました。

補足は、主にストローマグでしていただきました。

お昼寝も、徐々に、2-3時間続けて(!)、布団で(!!)寝れるようになりました。

補足の練習をしておくなら、月齢5-6カ月以降ならストローやコップ、それより前ならカップフィーディングがいいかも?しれません。

 

●預け始めた時のおっぱいの様子

もともと張ることはないタイプだったけど、復帰すると授乳時間が空くので、さすがに張りまくりました。

最初は子どものことを考えてしまうたびに、オキシトシン反射が起こり、余計に胸が張って痛い!という繰り返し。

すきを見てトイレで搾乳していました。

 

●その後のおっぱいの様子

復帰して数カ月くらい経つと、平日の日中は、張らなくなりました(痛みもなく快適な状態)。

帰宅後、夜間、出勤前は、それまで通り頻回授乳で、仕事が休みの土日も要求されるがままに授乳していました。

そのおかげか、母乳が足りなくなることはありませんでした。

月曜日だけ、土日の頻回授乳の名残で、少し張ることが多かったです。

 

●保育園に預けた感想

私が子どもを預けた保育園では、事前に園長先生が「何か心配なことはありますか?」と聞いてくださったので、

「授乳スケジュールはバラバラで、食べムラもあって、お昼寝が上手にできなくて、良く泣く子で…」とおそるおそる相談すると、

「あーそんなの、みんなそうよ!大丈夫。任せてね!…で、何か心配なことは?」という頼もしい感じでした。

 

ごくたまに、

「入園前に断乳してないからお昼寝ができない」

「哺乳瓶の練習をしてないから補足ができない」

などとクレームをつけてくる保育士さんもいるそうですが、

それは「私は保育のスキル(あるいは知識)が浅いんです」と告白しているようなものなので、生温かい目で見守りつつ、お母さんは凹む必要はないと思います。

 


<先生とお母さんは別腹!>

私の子どもと同じクラスのお母さん達は、皆、声をそろえて「家にいる時と全然違う!」と言います。

何か魔法を使っているのだろうか…と思ってしまうほど、プロは、経験と、技と、頭の回転の速さも違うんですね。

信頼して任せて大丈夫です。

 

結局は、添い乳じゃないと寝ないとか、哺乳瓶が使えないとか、そういう細かいことよりも、「保育者との信頼関係が築けるかどうか」の方が大事みたいです。

「この世界には、自分のことを受け入れてくれる人が、お母さん以外にもたくさんいるんだな」という安心感が持てれば、そこに新しい刺激と楽しみを見つけることができるのかもしれません。

 

子どもは、良くも悪くも「保育園はおうちとは違う」ということを分かっているようです。

「家ではこうだけど保育園に預けて大丈夫かな?」という心配はいらないけど、その一方で、「保育園ではこうするから、家でもそうさせよう」とは、あまり期待しない方がいいかもしれません。

 

極端な話、保育園ではばっちり子どもが言うことを聞いてくれていた保育士さんが、「いざ自分が出産してみると、全然うまくいかない!」となったとしても、それは「前者は先生として接しているけど、後者はお母さんとして接しているから」というだけの話だと思います。

 

「先生」と「お母さん」では、子どもが求めること・子どもに求めること、が違うので、家と保育園で、最適な方法が違っていても自然なことです。

ということは、「保育園はトントンで寝るから」「授乳は3時間おきだから」などと、家でもそうしようとしても、「何、先生のマネしてるの?お母さんに戻ってよ!」と子どもは取り合ってくれないかもしれません。

でも、がっかりしなくていいし、家くらい、子どもの希望に合わせてあげればいいんじゃないかなーと思います。

 

母乳育児の続け方も十人十色

WHOによる仕事復帰と母乳育児の話、超短時間で職場で搾乳する方法、職場に冷凍庫がない場合の搾乳の管理方法など、仕事復帰にあたって自分たちに最適な母乳育児のやり方を考えるヒントは、タグ#仕事復帰からどうぞ。

 

2016/9/5更新

関連記事

コメント

    • mag
    • 2016年 9月 04日

    はじめまして。低出生体重児をいよいよ保育園にお願いして仕事復帰することになり、いろいろなページを拝見しています。
    順調でないことばかりの中、こちらのいろいろな情報に励まされ(でもなかなか頭の中に定着しなくて、また不安になったり忘れて何度も読み返して確認したりしていますが。。。)本当にありがとうございます。
    このページ末尾の 仕事復帰と母乳育児のカテゴリー のリンクがエラーになっていますのでお知らせしたくコメントさせていただきました。http の後の : が抜けているだけのようなのですが・・・

    • はじめまして。少しでもお役に立てれば幸いです(*^-^*)
      さて、リンク切れのご指摘ありがとうございます。とても助かります。修正させていただきました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る