「頻回授乳」って、どのくらいすればいいの?

頻回授乳って、何回くらいのことだと思いますか?

人によって、「頻回授乳だ」と感じる頻度のイメージは、全然違うようです。

 

生理学的には、どのくらいだとどのような影響が出るのでしょうか?

以下は、母乳を生産するホルモンの「プロラクチン」に注目し、ひたすらプロラクチン濃度と授乳の関係を研究した、1984年の論文です(前回の記事の続き)

 

血液中のプロラクチンレベルは、授乳を開始して30-40分後にピークになり、授乳後2時間以内に元のレベルまで下がる。

 

●授乳頻度が頻繁な場合(1-3時間おき)

プロラクチンレベルが低くなる暇がないので、プロラクチン濃度のベースラインは高いままだった。

 

●授乳頻度が少ない(4時間おき程度)場合

授乳と授乳の間の時間に、授乳をしていない女性とほぼ同じレベルまで、濃度が下がった

これは、吸てつによるプロラクチン反射が有効な、出産直後でさえもそうだった。

よって、産後時間が経つにつれて、プロラクチン濃度が減少するスピードも、より早かった

 

<原文>

20. Glasier A, McNeilly AS, Howie PW. The prolactin response to suckling. Clinical Endocrinology, 1984, 21:109–116.

 

授乳間隔が4時間程度おきの場合は、プロラクチン濃度が「授乳をしていない女性と同じレベル」まで下がってしまうんですね。

つまり、その間は、母乳の生産システムは「休止状態」に近づいてしまうでしょう。

 

「産後、プロラクチンレベルが減少するスピードも早い」ということは、前回までの記事に書いたように、「母乳の生産量を維持し続けるためのスタートダッシュ」も十分にはできないかもしれません。

 

授乳頻度が1-3時間おきの場合は、プロラクチンレベルは高いままなのですね。

つまり、少なくとも母乳育児が軌道に乗るまでは、1-3時間以内の授乳を基本とすることが、長期的にうまくいく秘訣かもしれません。

(たまに4−5時間空く程度は妥当)

 

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、体質よりも知識とスキル! 

母乳の生産量をちょうどよくする授乳方法や、効率よく母乳を飲むためのスキルを身につけるには、ポジショニングが欠かせません。

母乳が増えたり減ったりする仕組みについては母乳の生理学もどうぞ。

書籍「ちょっと理系な育児(母乳育児編)」にも、母乳育児の立ち上がりやトラブル回避のための情報がまとめられています。

2017/5/12更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る