月齢3カ月頃から母乳が減る人がいる理由

母乳の生産になくてはならないホルモンの、「プロラクチン」の働き方は、産後、時間が経つにつれて、変わっていきます。

 

産後数カ月は完母でも、赤ちゃんが月齢3カ月になる頃から、母乳が足りないと感じる人も少なくないようです。

以下は、その「理由の一つ」を明らかにした論文です(前回の記事の続き)

 

<内分泌制御 vs 自己分泌制御 理論>

定時授乳には、潜在的な問題もあります。

母乳の生産に関わっているプロラクチンは、産後数カ月は母乳を十分に生産するために、とても重要なものです。

でも、血中のプロラクチンレベルは、産後数カ月かけて、一定の値まで下がっていきます

その頃からは、母乳の生産量を維持するために、プロラクチンレベルを高い値でキープすることが不可欠ではなくなっていくのです。

 

この明らかな矛盾は、内分泌 vs 自己分泌 制御理論として説明されてきました。

 

●内分泌制御

プロラクチンとオキシトシンというホルモンが、母乳の生産の主な担い手。

これは、産後短期間で確立される。

 

●自己分泌(局所)制御

母乳を分泌する細胞にある、「プロラクチン受容体」の数によって、母乳の生産が影響を受ける。

産後3カ月を過ぎる頃から、この制御がメインになる。

受容体が育つために必要な刺激は、授乳を頻繁にすればするほど大きくなる。

 

<原文>

Lisa Marasco, BA, IBCLC and Jan Barger, MA, RN, IBCLC. Examining the Evidence for Cue feeding of Breastfed Infants

 

<プロラクチンとプロラクチン受容体って何?>

「プロラクチン」は母乳を作るホルモンですが、それが脳から分泌されると、血液中を流れ、おっぱいまで届きます。

「プロラクチン受容体」というのは、母乳を分泌する細胞の表面に生えている、「グローブ」のようなものです。

 

そして、受容体という「グローブ」が、血液中を適当に飛んできたプロラクチンという「ボール」をキャッチすると、初めてその細胞に「母乳を作ってね」という指令が伝わるのですね。

 


<内分泌・自己分泌の制御理論ってどういうこと?>

簡単にまとめると、

  • 産後数カ月間は、母乳の生産量のコントロールは、「飛んでくるボールの数」が重要。
  • それ以降になると、母乳の生産量のコントロールは、「細胞に生えているグローブの数」が重要になる。
  • ボールやグローブの数を増やすためには、頻回授乳が効果的

ということなのです。

 

ball

左:最初はグローブは少ないけど、ボールをたくさん飛ばせばいい

右:ボールは減るけど、グローブを増やしておけばいい

 

つまり、産後数カ月の授乳回数が少なすぎた場合、そのままの授乳スケジュールで過ごしていると、産後3-4カ月頃から母乳の生産量が減ってしまう危険性もあるということなんですね。

 

多くのお母さんが経験する母乳不足感

一般的に、赤ちゃんの様子で困ったことがあると、何かとおっぱいのせいにされがちです。

そのため、たとえ必要以上に母乳が作られていたとしても、「母乳が出ていない」と感じることも珍しくありません。

母乳育児を軌道に乗せるために必要なのは、運や根性ではなく、知識とスキルです。

張らないおっぱい・少ない搾乳や直母量に不安を感じたら、母乳不足感の知識が、迷信を撃退する助けになります。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

書籍「ちょっと理系な育児 母乳育児編」に、母乳不足感を打ち消すための科学的知識がまとめられています。

 

2017/4/16更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る