医学的には次の妊娠までどのくらいあけた方がいいのか

「次の子どもを授かることができるとしたら、何歳差がいいのか?」は、よく話題になるかもしれません。

しかし、「次の妊娠までの期間が、医学的にどんな意味があるか?」という重要な話は、日本ではほとんど話題になることはありません。

女性の問題というよりは、パートナー含め、社会全体が知っておくべき情報です。

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

8章 母親の健康

8.4 家族計画と母乳育児

前回の妊娠から次の妊娠までが近すぎると、どんな有害な影響を与えるかについては、よく認識されているでしょう。

 

  • 出産してから次に妊娠するまでの期間が18カ月程度以下の場合
    新生児死亡率および乳児死亡率、低出生体重、胎児発育遅延、早産のリスクが有意に高くなります。

 

  • 出産してから次に妊娠するまでの期間が6カ月以下の場合
    さらに妊産婦死亡率のリスクも高くなります。

 

夫婦には、次の妊娠を試みる前に、生児出生後はすくなくとも24カ月、流産後は6カ月待つようにアドバイスしましょう(5)

 

年子は育児が大変だとか、逆に楽だよとか、そういう話ばかりでなく、何歳差で産むかが母子の体に影響を与えることがあるんですね。

様々な理由で、産後早期の妊娠を希望する場合もあるかもしれませんが、こういうリスクがあることを知った上で、選択するということが重要でしょう。

 

女性が避妊をコントロールできない場合にも役立つ、産後の避妊についてのガイドライン

産後は避妊する必要はない?授乳性無月経法の条件

授乳中の女性に向いているもの・向いていないもの|避妊方法

 

 

2017/4/15更新

関連記事

コメント

    • みのり(旧8月出産予定)
    • 2017年 10月 05日

    36週0日で生まれた我が子も、あれから直母できるようになりました。もう搾乳はしていません。現在は身長も体重も正期産の子に追いついています。その間このブログのいろんな記事で励まされました!ありがとうございます(*^_^*)
    実はこの子を妊娠する前、私は一度流産を経験しています。当時かかっていた医師からは「(繋留流産だったので)術後月経が3回来た後なら次の妊娠にトライしてみてもかまいません」と言われました。結果的に手術から約4ヶ月後に着床したことになります。
    ガイドラインでは、流産の場合も次の妊娠は6ヶ月待つことが推奨されていますね。
    流産後の妊娠が早すぎても早産や低体重での出生のリスクが有意に高くなるということでしょうか?
    毎日ニコニコご機嫌で元気に育ってくれているので結果オーライですが、今後のために知っておきたいです。正産期に生まれるに越したことないですから…(´•ω•`)

    • 直母で順調に成長されているとのこと、よかったですね!

      結果オーライとはいえ、妊娠時期は適切だったのか気になっていらっしゃるんですね。
      統計学的にはそういうデータがあるとのことですが、今回のみのりさんの妊娠出産に妊娠時期の影響があったかというと、まず関係ないと思います。
      個々のケースになると、統計よりも、運の方が「はるかに」影響が大きいと考えられるからです。

      次に妊娠を考えるとき、もし選択肢があるなら、短期間で妊娠を繰り返すことは、避けた方がいいと思います。
      でも選択肢がない場合もあるし、すべてにおいて最良の選択をしたとしても、思い通りにはいかないこともありますよね。
      化学的な目線で見ると、妊娠出産は、誰かが意図して計画的に進められるプロジェクトではなく、単なる偶然の連続で勝手に進んでいく現象なので、五体満足で健康な人間が生産期に自然分娩で産まれてくるなんて奇跡だと思っています。
      全く同じ条件で妊娠しても、結果は無限のパターンがありうると思います。

      何が言いたいかというと、どんな経過をたどったとしても、お母さんのせいではないということです。

        • みのり
        • 2017年 10月 07日

        お返事ありがとうございます(*^_^*)
        すべてにおいて最良の選択をしても思い通りにはいかないことがあるというところと、五体満足で元気に生まれてくるのは奇跡というところにハッとしました。
        本当にその通りですね。今回の妊娠出産を経て、無事に生まれてくることは決して当たり前ではないんだと身をもって感じました。
        出産直後はどうしても「歩きすぎたのが良くなかったのかな」などと考えたり、今もこうして自分の取った選択のどこかに原因があるのではと気にしていましたが、もっとどんと構えて育児に臨もうと思いました(﹡ˆᴗˆ﹡)その上で正しい知識を身に付けていこうと思います。
        ありがとうございます♡︎♡︎ʾʾ

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る