妊娠中・授乳中の食事|肉・乳製品・油のススメ

母乳は、お母さんが摂取した栄養素や、お母さんの体内で作られた成分で作られます。

 

ということは、普通に考えると、お母さんは母乳をあげればあげるほど、栄養不足になりそうですよね。

でも、そうならないための仕組みもあるようです。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第8章 母親の健康

8.2 母親の栄養法(3)

 

母乳中のいくつかの栄養素は、妊娠中にお母さんの体に蓄えられたものからまかなえられます。

それ以外の栄養素は、お母さんが摂取量を増やしてまかなう必要があります。

 

一般的に、様々な食材(肉・魚・油・ナッツ類・種子類・穀物・豆類・野菜・チーズや牛乳など)をたくさん食べることで、元気よく、丈夫な体になる手助けになります。

 

お母さんの食文化の中で食べ物にタブーがあるかどうかを判断し、有害なタブーに対してはアドバイスをすることが重要です。

妊娠中・授乳中の女性はその地域の食事で食べられる通常の食材は、なんでも食べることができます。

そのような食べ物は、母乳を飲んでいる赤ちゃんに害はないと考えられます。

 

妊娠中の食事のポイント

妊娠中の女性は、授乳によって自分の健康を削らなくて済むように、いつもより余分に栄養素を蓄えておける仕組みがあるんですね。

現在は妊娠中の厳しい体重管理が一般的になっていますが、体重だけに注目すると栄養不足になる危険性があるので、食事内容(主食、動物性食材、緑黄色野菜、豆類、乳製品、油脂の食べ方に偏りがないか)に注目できるといいかもしれません。

 

授乳中の食事のポイント

食べ物に対するタブーは、宗教的なものも含めさまざまなものがありますが、日本では「授乳中は肉類、乳製品、油脂はNG」といわれるような、俗説的なものもあります。しかし、WHOのガイドラインの中でも何度か触れられていますが、母乳の質や量は、母親の食事内容の影響を受けないことが分かってきました。

授乳中の女性は、母乳のためではなく、自分の健康のために、肉類、乳製品、油脂を含めた栄養豊富な食事が必要になります。

 

 

 

授乳することは母体にもメリットが!→※母乳を飲んでいると中耳炎も軽く済む!母乳育児のメリット

お母さんが十分な栄養が摂れていない場合は?→※お母さんの食事の栄養バランスが悪い場合、母乳の質はどうなる?

2017/4/15更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る