離乳食の準備OK?月齢6ヶ月頃の赤ちゃんの発達

離乳食を6カ月から始めるのは遅すぎる?

アレルギーの心配などを考えると6カ月でも早すぎる?

離乳食をいつから始めるべきかの議論は、非科学的なものも含めて、古今東西さまざまですね。

 

今回は、WHOの指導原則10カ条の原則1.のうち、開始時期についての話です。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

3章 補完食

3.1補完食の指導原則

原則1.産まれてから月齢6カ月になるまでは母乳のみを与え、6カ月(180日)から、母乳育児と並行して補完食を始めましょう。

 

通常は、月齢6カ月までには、赤ちゃんの体重は少なくとも出生時の2倍になり、より活動的になってきます。

 

母乳のみでは、もはや必要な栄養とエネルギーを十分に満たせなくなるので、差を埋め合わせるために補完食を始めるべきです。

 

月齢6カ月頃には、発達面において、他の食べ物を受け付ける準備ができています(5)。

母乳以外の食事のデンプン・タンパク質・脂質を消化できるように、消化機能も成熟しています。

 

低月齢の赤ちゃんは舌で食べ物を外に押し出してしまいますが、6-9カ月頃には、もっと簡単に半固形の食べ物を口に取り入れることができるようになります。

 

6ヶ月から補完食(離乳食)を始めた方がいい理由(発達編)

1.消費エネルギーの増加:体が大きくなり、活動量も増える。

「生後3カ月で体重を倍にするべき」と無茶なことを言う専門家もいるようですが、通常は、6カ月までに少なくとも倍になっていれば問題ないんですね。

 

2.哺乳反射の減弱:食べ物を摂取しやすくなる。

9カ月頃まではベーっと出してしまう反射が残っている可能性があるんですね。

この反射は6カ月頃には減弱し、まだ残っていたとしても徐々に消えていくようなので、食べられる範囲で食べられるように試してみることが大事でしょう。

 

 

3.消化機能の成熟:乳汁以外の食材からも栄養補給できるようになる。

6カ月にはデンプン・タンパク質・脂質も消化できるようになっているということは…

もっと初期から食事にバリエーションを出していいんですね!

 

補完食についてのWHOのガイドラインは【第3章まとめ|補完食は離乳食と別のものです】を読めば、全てが分かります。

行儀が悪い・食べない・食べ過ぎる・アレルギーなどについての悩みは【離乳食の悩みから解放されたい!補完食のヒント集】をどうぞ。

2015/10/16更新

関連記事

コメント

    • あわ子
    • 2017年 8月 02日

    いつも大変参考にさせていただいております!
    我が家にも5ヶ月を過ぎた娘がおり、離乳食について勉強中です。
    Sumireさんの記事によると、離乳食の内容、回数は必要な栄養がまかなえる範囲で基本的には赤ちゃんに合わせ、進めていくべきと大まかに解釈したのですが、ひとつ腑に落ちない点があります。
    離乳食の開始時期はわりと厳密に生後6ヶ月になった日前後とのことですが、ここに発達の個人差は関わらないのでしょうか?
    身体の大きい子、小さい子、かなり幅がある月齢だと思いますが、消化器官の発達においては誰もが生後6ヶ月ごろに離乳食を受け付けるベストなタイミングにまで成熟すると考えて良いのでしょうか?

    • はじめまして。
      食事の開始時期は個人差を考慮しなくていいのかと疑問に思っていらっしゃるんですね。
      おっしゃる通り、大いに個人差はあると思います。6ヶ月になったからといって、そんなに食事を必要としない子もいるだろうし、ガイドラインにもあるように、食べ物などを吐き出す反射が9ヶ月頃まで見られる場合もあるかもしれないですね。
      本来は、お子さんそれぞれに合わせて開始すればいいかもしれませんが、実際には早すぎたり遅すぎたりすることで子どもに不利益が生じることが多いから、妥当な時期が提示されているのかなと理解しています。

        • あわ子
        • 2017年 8月 24日

        ご返信ありがとうございます。
        なるほど納得しました!本来は正しい知識を持った上でその子に合わせるべきなんですね。
        うちの子もちょうど6ヶ月になる週から補完食開始しましたが、5倍がゆもパクパク食べてくれます。スケジュール表が大変参考になりました。sumireさんの実施していた補完食レシピの記事もぜひお願いします!!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る