たそがれ泣き|よく泣く赤ちゃんの原因③

こんなに泣くのはうちの子だけ?

たそがれ泣きはお母さんが疲れて母乳が出なくなったせい?

おっぱいをあげても泣くのは母乳が足りていないから?

 

…大丈夫。世界の赤ちゃんもこんな感じです(^^)

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.11 よく泣く赤ちゃん

<徴候>

赤ちゃんが過剰に泣いて、なだめることも難しい状態。泣き方のパターンが、原因を考えるヒントになります。

 

<たそがれ泣き(コリック・疝痛)>

一日のうち決まった時間帯、典型的なのは夕方に泣き始めることが多いです。

お腹が痛む場合は、赤ちゃんは足を持ち上げるかもしれません。

おっぱいを求めますが、なだめることは難しいです。

原因は明らかになっていません。

 

たそがれ泣きをする赤ちゃんは、成長が順調なことが多く、3-4カ月を過ぎると泣くことが減ってきます。

赤ちゃんを抱っこしてやさしく揺らすのを増やし、お腹や肩を手で優しくマッサージすると効果があるかもしれません。

 

 

<要求の多い赤ちゃん>

他の赤ちゃんに比べてよく泣き、もっと抱っこすることを要求する赤ちゃんもいます。

これはお母さんが赤ちゃんを常に抱っこして行動し、同じベッドで寝るような慣習の地域ではあまりみられません

 

 

●対処法●

たそがれ泣きや、要求の多い赤ちゃんは、お腹を優しくマッサージしながら抱っこしてゆらすといいです。

赤ちゃんの成長に伴って泣くことは減るので、安心してください。

 

原因がよく分からなくても赤ちゃんがよく泣くことがあるのは、世界共通の現象なんですね。

つまり赤ちゃんはよく泣くのも自然なことなんですね。

 

赤ちゃんの泣きを母乳不足に結びつけるのは正しくないんです。

「夕方は母乳が少なくなるから」という説も、ガイドラインには出てきません。

 


世界の子育てから分かる、「意味不明泣き」の根本的解決のヒント

WHOのガイドラインには、

「泣いても授乳したり抱っこしたりしなければ、そのうち泣かなくなる」

というような対処法も書かれていません。

 

逆に、抱っこしたままお母さんがやりたいことをやるのが当たり前の地域では、赤ちゃんの原因不明の泣きが少ないんですね。

「抱っこしっぱなし」というアイデアは、試す価値ありです。

カンガルー作戦のやり方も参考になるかもしれません。

 

「たそがれ泣きをする赤ちゃんは成長が順調なことが多い」ということは、

たそがれ泣きが始まったら、「よかった、順調に成長しているんだ」と安心するくらいでいいんですね。

 

赤ちゃんはなぜ泣くの?

赤ちゃんが泣くのは、あくまで本人の都合です。「私のせい?」と自分に引き寄せるのではなく、赤ちゃんの課題として切り離すことが、冷静に対処するために重要かもしれません。目指すべきゴールは泣き止ませることではなく、「おっぱいほしいの?違うの?何かな?」などとリアクションを返しながらコミュニケーションをとることそのものが大切で、その結果泣き止むかどうかは赤ちゃんのみぞ知る、です。赤ちゃんが泣く理由は様々ですが、効果的な対処方法がある場合もあります。赤ちゃんの泣きの中に、ヒントが見つかるかもしれません。

 2017/2/23更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る