母乳不足の原因になる授乳の仕方

赤ちゃんが母乳を飲めていない原因のほとんどは、母乳の分泌不足ではありません。

 

十分な量を飲めていない場合は、多くは、授乳のやり方に問題があります。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.10 母乳の不足と不足感

 

<授乳の要因>

母乳の哺乳量が少ない場合は以下のことが原因となっています。

 

授乳の開始の遅れ

産後初期に、赤ちゃんの要求に応じた母乳量が生産できない原因になります。

 

乳房への吸着が下手なこと

赤ちゃんが乳房から効果的に哺乳できない原因になります。

 

授乳の回数が少ないこと

授乳の間隔を決めていたり、夜間に授乳をしなかったりすると、単純に赤ちゃんが十分な量を哺乳できない原因となります。

授乳回数が産後8週間に1日(24時間)で8回以下、8週以降に1日(24時間)で5-6回以下だと少なすぎます。

 

授乳時間が短いこと

お母さんがとても急いでいたり、
赤ちゃんが飲み終わっていないのに、吸てつが止まったすきに口を離してしまったり、
赤ちゃんのくるみ方が暑すぎて、飲むのをすぐ止めてしまった場合は、
赤ちゃんは必要な量を哺乳することができないでしょう。
特に、脂肪分の多い後乳を飲むことができません。

 

哺乳瓶やおしゃぶりを使っていること

おっぱいを吸う代わりになってしまうので、哺乳する機会も減ってしまいます。
おしゃぶりを使う赤ちゃんは、哺乳時間が短い傾向にあります。

おしゃぶりを使っていることが、母乳育児がうまくいっていないことを疑う目印になったり、実際にうまくいかない原因になっていたりするでしょう(5)。
おしゃぶりは乳房への吸着を妨害するので、赤ちゃんが効率よく哺乳できなくなるからです。

 

母乳以外の飲み物や食べ物を与えること

赤ちゃんが哺乳する回数や哺乳量が減る原因となります。
その結果、乳房への刺激も減るので、母乳の生産量も減少してしまいます。

 

[関連記事]

  • 母乳育児の立ち上がりに大きな影響を与えるのは、お母さんの体質や根性ではなく、産科施設のシステムです。
    ※科学的根拠に基づいて推進されているのが赤ちゃんに優しい病院(BFH)

 

 

  • 授乳回数がよその親子や「平均値」と違っていても大丈夫です。
    授乳パターンは十人十色

 

 

 

 

母乳育児に必要なのは、運や根性より知識とスキル

哺乳不足の原因としてよくあるのは、母乳の生産能力は十分だけど、授乳スキルが不十分なこと。母乳育児は母子の組み合わせによって最適化する必要があるため、最初からスムーズにいかなくても自然なことです。

増えない体重・多すぎる授乳回数・長すぎる授乳・おっぱいの痛みを解決するには、ポジショニングのスキルが欠かせません。

授乳のタイミングなどについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

2017/2/22更新

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る