乳房の化膿|原因と対処法

「片方の乳房がパンパンになって痛み、皮膚が変色することもある」

という症状の原因と対処法です。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.5 乳房の化膿(2)

<症状>

乳房が膨張して痛み、液体でパンパンになったように感じます。

膨張した部分の皮膚が変色することもあります。

 

<原因>

乳腺炎が効果的に対処されず、さらに悪化すると起こることが多いです。

 

<対処法>

膿を出して、ペニシリン耐性抗生物質で治療します。

 

膿の出し方は、小さく切開してカテーテルで出すか、針で吸引する(何度か行う必要がある)かが考えられます。

カテーテルや針を刺す位置は、超音波で探します。

大きく切開してしまうと、乳輪や乳管を傷つけてしまい、その後の授乳を妨げてしまう恐れがあるので、避けるべきです。

 

 

お母さんは、化膿した方の乳房からも授乳を続けていいのです。

 

でも、もし授乳が痛くて気が進まない場合は、搾乳の仕方を教えてもらいましょう。

搾乳を続ければ、通常、2-3日で痛みが軽くなるので、授乳できるようになり次第、すぐ赤ちゃんに直母させるといいです。

反対の乳房からは授乳を続けることができます。

 

感染を起こしていても、授乳しても赤ちゃんに影響はありません(お母さんがHIV陽性の場合は7.7参照)。

 

授乳を続けていると、切開したところから母乳が出てくることがあります。

これはしばらくすると止まるので、授乳をやめる理由にはなりません。

 

母乳が溜まったままになる

乳管の詰まりや乳腺炎が起こる

感染性乳腺炎

化膿

 

というように症状が悪化していくということですね。

 

どの段階でも、授乳は可能です。

感染を起こしていても、授乳して大丈夫なんですね(膿は取り除く)。

 

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。タグ#ポジショニングからチェックしておきましょう。

授乳のタイミングについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

 

2017/2/15更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る