乳管の詰まり|原因と対処法

詰まりの原因は、母乳の質が悪いせい?
予防するには食事制限が必要?
対処法はマッサージしかない?
さまざまな”常識”がありますが、科学的に明らかになっていることは何でしょうか。

 

WHOガイドライン「乳幼児の栄養法」

第7章 乳房の管理と母乳育児におけるさまざまな障害

7.3 乳管の詰まり

<症状>

触ると痛いしこりが片方の乳房にでき、しこりの部分の肌が赤くなります。

 

<原因>

乳房の一部分から母乳を除去するのを失敗した時に起こります。

 

その原因には以下のことが考えられます。

乳房の一部がドロドロの母乳で詰まることもあります。

 

 

<対処法>

母乳の除去の仕方を改善してから、以下の改善法を試しましょう。

  • 問題の乳房から頻繁に授乳し、授乳中、しこりの上からそっとマッサージします。
  • 温湿布が効き目がある人もいます。
  • 赤ちゃんのポジション(横抱きやフットボール抱きなど)を変えると効き目がある場合もあります。
  • しこりをそっとマッサージした後に、母乳の塊が乳頭から出てきて、続いて母乳がぴゅーっと出て乳管の詰まりが一気に解消することもあります。

 

詰まりは、「母乳がおっぱいに溜まったままになるとできる」ということなんですね。

 

「母乳の除去の仕方を改善してから」という理由は、

まずは「上手におっぱいに吸着できるようにし、授乳時間と頻度が足りない場合は増やす」ことが、根本的な解決法になるからです。

「搾乳していつもおっぱいを空にしておく」ことは、より生産能力が高まって母乳が余る原因になるので、根本的な予防にはなりません。

 

「母乳の除去の仕方」の改善ポイント→※しこりと母乳不足を一度に解消するポイント(図解)

 

ポジショニングは母乳育児を楽にする必須のスキル!

乳首の痛み・哺乳不足・しこり・詰まり・乳腺炎などのトラブルを根本解決するためには、授乳スキルが重要です。上手におっぱいに吸着するために欠かせないスキル、ポジショニングをチェックしておきましょう。

授乳のタイミングについては【母乳育児が軌道に乗るやり方・疑問・悩み】が役に立ちます。

 2017/2/11更新

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る