ビタミンDサプリの効果を示した論文とくる病予防

くる病予防の話

サプリ推進派は、「くる病予防にはビタミンDサプリが役に立つ」と主張しますが、実際にサプリの有効性を示すデータは、意外とありません

その中で、珍しく、ビタミンDサプリの効果を示した論文があったので、ご紹介します。

 

1994年に発表された研究によると、急性呼吸器感染症や腸炎が蔓延していて、5歳以下の死亡率が高い途上国では、ビタミンDサプリを与えることが、くる病予防になるという結果が出ました1

 

さらに、くる病の罹患率と相関があったのは…

・日光浴をほとんどしない(※1)

・魚を食べない

・母親は18歳未満(※2)

・母親は避妊をしない

 

※1 いくつかの論文から得られた限られた情報だが、途上国では、しばしば幼い子どもを家の中にキープすることがあるらしい。養育者は病床にふせっているのか、家の中で働いているのか、外で働いているのかを含め、その理由は分からない。

 

※2 母親になった年齢が低すぎることは、女性本人が十分な教育が受けられないことや、収入の低さと相関することも多い。

 

これらより、子どもがくる病になった家庭の多くは、乳幼児の死亡率が高く、厳しい社会情勢の中でも、特に困難な状況で子育てしていることがうかがい知れます。

 

 

ビタミンDに注目していていいの?

様々なケースレポートやデータを見てきた印象としては、全ての子どものくる病予防に効果のあることは、

 

乳幼児の養育者が、

・そこそこの教育を受けて育ち

・そこそこの経済力を持っていて

・そこそこ社会から孤立していないこと

ではないかと考えています。

 

このまま「ビタミンD不足」のせいにしていて、

・根本解決へ向かえるのか?

・自分の母乳に自信を失う母親が続発していないのか?

気になるところです。

 

くる病の場合は、栄養失調が蔓延している地域社会ではよくみられますが、栄養(カルシウムやタンパク質をはじめとした様々な食材)がそこそこ足りている子どもはなかなか発症しないようなので、栄養は最も重要だという印象を持っています。

もし本当に、今、日本でくる病患者が「増えている」としたら、それは日光浴が減ったからでも、母乳育児が普及したからでもなく、乳幼児を育てている家庭の経済的、あるいは精神的な余裕がなくなってきていることを、まず一番に心配するべきかもしれません。

 

くる病予防のための実践的ポイント

実際に子どもを持つ身としては、予防のための実践方法も必要な情報だと思います。

今後も新しい事実が出てくるのではないかと思いますが、現時点で考えられることをまとめます。

 

●私たち親が、子どものくる病を防ぐためにできる有効なこと

現時点では、くる病予防にもっとも効果的なのは、月齢6ヶ月になる頃から、主食、動物性食材、緑黄色野菜、乳製品、豆類、油脂類を中心に、様々な食材を、ぼちぼち提供することではないかなと考えています。

※完璧な食事バランスの民族はたぶん存在しないので、完璧を目指さなくても大丈夫。感覚過敏、アレルギー、経済的な理由などで食べられる食材が限られる場合も、基本的な栄養の知識があれば、選択肢が生まれます。

 

続いての話は…

一般的には、ビタミンDの経口摂取量とくる病の発症率に相関はなさそうだけど、ビタミンDは大切なことに変わりありません。

ついでに、不足しないための目安を次の記事でまとめてみたいと思います。

くる病とビタミンDのシリーズはこちらから読めます。

 

主な参考文献

1 Beser, E., and T. Cakmakci. “Factors affecting the morbidity of vitamin D deficiency rickets and primary protection.” East African medical journal 71.6 (1994): 358-362.

理系育児_母乳育児編

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る