乳腺炎治療の4つの原則|WHO

治療

乳腺炎の治療といえば、どんなイメージがあるでしょうか。

乳房マッサージ?

保冷剤で冷やす?

ひたすら頻回授乳?

 

まずは、WHOが提唱する、4つの原則を見てみましょう。

 

乳腺炎;原因と対処法, World Health Organization

 

9. 治療

 

あらゆる状態について議論する場合も、以下のことが欠かせません。

①困難のあきらかな原因や、なりやすい要因を知るために、お母さんからこれまでの経過、やり方、状況などを聞く

②授乳の様子を観察して、授乳スキルや、赤ちゃんが上手く乳房に吸着できているかの評価をし、どうすれば改善できるか考える

9.2 乳腺炎

乳腺炎治療の主な原則

  1. 患者に寄り添ったカウンセリング
  2. 効果的な母乳の除去
  3. 抗生物質による治療
  4. 対症療法 

 

治療を始める前に、母子の授乳の様子を観察したり、これまでの授乳の様子などを詳しく聞くことは、効果的な対処と、再発予防のために、最も重要なことです。

なぜなら、授乳のやり方が改善できないと、重症化や再発するリスクが高いことが分かっているからです。

 

これらの具体的な手法は、次の記事から取り上げていきます。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る