母乳の生産量の左右差を減らす授乳の仕方

母乳育児をしていると、おっぱいの大きさが、左右でかなり変わることがあります。
一般的には、母乳の生産量に左右差があることは珍しくないことであり、気にする必要はありません。
 
しかし、片方だけ過分泌になって乳腺炎などのトラブルが頻発したり、片方のおっぱいを授乳すると赤ちゃんが激しくむせる・大量に吐くなどの過飲症候群のような症状になってしまったりすることもあります。
その場合、左右差を小さくするための授乳の仕方のヒントをまとめます。
 
これは、「母乳を除去するほど生産能力が高まり、母乳を溜まったままにすると生産能力が抑えられるメカニズム」を利用した方法です。
 
 
 
以下、母乳の生産量が多い方のおっぱいを【多乳】、少ない方のおっぱいを【少乳】と表します。
 
 

【多乳】だけ張りやすい場合

①毎回の授乳を、少乳から飲ませる。
赤ちゃんが自分から口を離すまで飲ませて、さらに多乳も飲みたがれば、続けて飲ませる。
 
②少乳だけで満足したら、次の授乳も、少乳からスタートする。
 
③以上を、左右差が小さくなるまで続ける。
 
多乳から飲ませると、赤ちゃんは多乳から、多くの母乳を飲むことが分かっています。
一方で、少乳から飲ませると、平均的には、左右同じくらいの量を哺乳することが分かっています。
よって、生産能力の左右差を小さくするには、毎回少乳から飲ませるだけでも、効果が期待できます。
 
 
 

【多乳】も【少乳】も張りやすい場合

時間割授乳と組み合わせます(詳しいやり方はリンク先参照)。
 
たとえば、少乳4時間、多乳2時間などと、左右に差をつけ、両方を張らせる時間を作りつつ、少乳を重点的に授乳するようにします
 
 
 

多乳の張りが辛い場合

少乳中心で授乳し始めると、最初の数日は、多乳の張りが辛いかもしれません。
その場合、洗剤できれいに洗ってよく乾かしたコップに少量(50 mL以下)搾乳し、そのまま赤ちゃんに飲ませるか、ラップで密封して室温放置し、次の授乳の際に最初にそのまま飲ませませることもできます(詳しくは、母乳が出すぎて辛い場合の搾乳のポイントをどうぞ)。
 
「トラブルにならない程度に張っている状態」をキープしていれば、搾乳は何度してもいいと考えられます。
張りがなくなるほど(乳房が柔らかくなるほど)搾乳してしまうと、母乳の生産量を抑える効果が薄れてしまいます。
 
日に日に搾乳の回数が減っていけば、やり方がうまくいっているサインです。
 
1日トータルの搾乳量が減らない場合や、増えていく場合は、やり方がよくないサインです。
その場合、まず、母乳の生理学母乳過多についての知識を知ることが、問題解決への近道になるかもしれません。
 
授乳にかかる時間や頻度についての疑問は、母乳育児が軌道に乗る授乳方法を参考にどうぞ。
 
 
どんな痛みも我慢は禁物
 
・乳首の痛み
うまくおっぱいに吸着できていない可能性があります。ポジショニングの改善が効果的かもしれません。
 
・乳房の痛み
「母乳の溜め過ぎ」が原因の可能性があります。時間割の長さを変えたり、圧抜き(搾乳)したりして、溜まりすぎないように、やり方を最適化するといいかもしれません。
 
 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

理系育児オススメ記事

ページ上部へ戻る